Go Forward

イマムラ テツヤ IMAMURA Tetsuya
職格 教授
学位 博士(法学)
最終学歴 早稲田大学大学院
研究業績等 教員データベース
個人ホームページ RESEARCH IN JAPANESE LEGAL MATERIALS
E-mail imamura@meiji.ac.jp
専攻分野(研究分野) 新領域法学 (知的財産法)
大学院研究指導担当 博士前期  ○    博士後期  ○

研究テーマ

権利者等不明著作物の利用の在り方に関する総合的考察、地理的表示の保護に関する研究

キーワード

知的財産法、著作権,特許権

主な大学院担当科目

知的財産法

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

私は,知的財産法に関連する研究を行っています。研究の手法としては,実定法解釈学となりますが,イギリスの知的財産法との比較研究なども行っています。受験を希望される方は,以下の3つの条件に適合するかどうかを確認の上で,ご検討ください。
①研究対象の主要な部分が知的財産に関係するものであること
②研究方法の主要な部分に法学研究の手法を含むこと
③法学以外の他の学問分野に対する関心もあり,それを研究内容に反映させる意欲があること(学際的・複数領域横断的アプローチ)
例えば,現在の修士課程の院生は,抽象的に紹介すると,知的財産としての保護対象が問題となる情報に関する研究をしています。研究手法として,実定法解釈や外国法との比較研究のほか,技術史的な要素も含まれており,学際的・複数領域横断的アプローチを試みています。

主な著書・論文

「著作権法第35条に関する法改正について」NBL1154号 「地理的表示(GI)制度をめぐる現状と課題」ジュリスト1530号 「欧州における隣接権制度の動向」論究ジュリスト26号 「我が国における著作権者不明等の場合の裁定制度の現状とその課題について」日本知財学会誌 11巻1号 「近時のイギリスにおける著作権法改革の動向からの示唆」著作権研究38号

明治大学大学院