Go Forward

明治大学 × SDGs

明治大学×SDGs ~SDGs達成に向けた明治大学の取組み~

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。(日本の取組紹介資料(PDF)

外務省ホームページ引用

明治大学の取組み

■ 教育研究を通じた取組み
明治大学が教育・研究を通じて、現在取り組んでいるSDGs達成に向けた取組みは、情報発信サイト“Meiji.net”を通じて紹介しています。

情報発信サイト“Meiji.net”   https://www.meiji.net/
"Meiji.net"では、明治大学の教員が取り組んでいる教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標(ゴール)アイコンを表示して、紹介しています。
■ 国際協力人材育成プログラム



明治大学は、立教大学、国際大学及び国際関係機関と連携し、「国際協力人材育成プログラム」を展開しています。
同プログラムでは、高い専門性を持つキャリアを形成し、国際連合をはじめ、国際機構、NGO、政府、企業等において、多様化するグローバル・イシューに対応、解決できる人材(国際協力人材)を育成します。

国際協力人材育成プログラム  https://www.meiji.ac.jp/gakucho/hric/index.html
■ UNHCR難民高等教育プログラム



明治大学は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所と、UNHCRの活動を支える公式支援窓口である、特定非営利活動法人国連UNHCR協会が運営する「UNHCR難民高等教育プログラム」にパートナー校として参画し、日本に住む、日本国籍を持たない難民の方々が日本の大学で就学することができるよう、支援しています。

UNHCR難民高等教育プログラム  https://www.unhcr.org/jp/refugee-higher-education-program(外部サイト)
■ ダイバーシティ&インクルージョン



明治大学は、性別、障がい、性的指向、性自認、国籍、人種等、多様な背景をもつ学生が、個々の能力を存分に発揮し、平等に教育研究その他の活動を営むことができるキャンパス整備を推進しています。

ダイバーシティ&インクルージョンの取組み  https://www.meiji.ac.jp/koho/diversity-and-inclusion/index.html
■ 男女共同参画推進センター



明治大学男女共同参画推進センターは、男女共同参画社会基本法(平成11年法律第78号)の基本理念等に基づき、学校法人明治大学及びその設置学校のすべての構成員が活動を行う環境において、社会情勢の変化に対応するとともに、国際的な取組と協働して男女共同参画を推進することにより、本学の経営及び教育・研究並びに社会の発展に寄与することを目的として、設置されています。

男女共同参画推進センター  https://www.meiji.ac.jp/koho/diversity/index.html
● 取組み紹介: オープンキャンパス「女子大生による理系進路フォーラム」

国際機関等と連携した取組み

■ 講演会等の開催
お問い合わせ先

教学企画部 教学企画事務室

〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3296-4403