Go Forward

タムラ ショウ TAMURA Sho
職格 助教
学位 博士(法学)
最終学歴 明治大学大学院
専攻分野(研究分野) 刑法学

研究テーマ

規範論に基づく過失犯論の研究

キーワード

「規範論」「個人的過失論」「予見可能性」

主な担当講義

アカデミックライティング

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

大学生活の中で得られる様々な経験は何にも代えがたいものとなるはずです。学問に限らず、積極的に色んなことにチャレンジし、充実した大学生活を送ってください。

主な著書・論文

【論文】 「自動走行車の刑事政策——とくにその運転者における刑法上の過失犯処罰の限界をめぐって——」NCCD-in JAPAN(NPO法人全国犯罪非行協議会)56号(2018年)19-37頁 「過失犯の規範構造の解明に向けた一考察——とくに予見可能性と事実上の因果経過との関係について——」伊東研祐ほか編『市民的自由のための市民的熟議と刑事法』(勁草書房)169-184頁 「過失犯における責任要素について」法学研究論集(明治大学大学院)48号(2018年)63-81頁 「過失犯における不法の内実——そのメルクマール,責任との区別——」法学研究論集(明治大学大学院)47号(2017年)1-20頁 など