先端メディアサイエンス学科 専任教員一覧

青山 一真 (アオヤマ カズマ )

研究テーマ 人間の情報処理の仕組みを解明し、感覚や情動を人工的に再現する手法の研究



人間は感覚器を通して外界の情報を取得し、筋収縮によって生じる運動として外界に働きかけます。この感覚器を通して人間の中で処理される情報を人工的に作り出したり、変容させたりするバーチャルリアリティ技術について研究しています。
►研究業績等
►ホームページ

阿原 一志 (アハラ カズシ )

研究テーマ コンピュータを用いて幾何学研究を支援するシステムを構築する研究



位相幾何学(トポロジー)、平面幾何学のソフトウエアを開発し、そのために必要となる幾何学アルゴリズムの理論を提案したり、幾何学の自動定理証明機能について研究しています。
►研究業績等
►ホームページ

荒川 薫 (アラカワ カオル )

研究テーマ 人の存在を意識した画像・音響処理および生体情報解析



画像、音響などのメディア情報に対して、人の感性や心理、また人とのインタラクションを考慮した情報処理技術について研究を行っています。また、脳波解析などにより、知覚情報に対する人の心情評価についても研究しています。
►研究業績等
►ホームページ

五十嵐 悠紀 (イガラシ ユキ )

研究テーマ インタラクティブシステム、ヒューマン・マシン・インタフェース技術に関する研究



コンピュータグラフィックス(CG)、Computer Aided Design(CAD)を身近なモノづくりへと応用し、あるものから選ぶのではなく、初心者が自ら使いたいものを創りだす世の中を目指します。
►研究業績等

菊池 浩明 (キクチ ヒロアキ )

研究テーマ ネットワークセキュリティ、プライバシー保護、データマイニング



ネットワークでの不正アクセスやフィッシングなどの偽造を検出し、インターネットを安全にするための技術を研究しています。先端メディアの利用に伴う個人情報漏えいを、暗号技術を適用して保護することを目指しています。
►研究業績等

小林 稔 (コバヤシ ミノル )

研究テーマ コミュニケーション、コラボレーションメディアに関する研究



人と人が考えや気持ちを交わし新しいアイデアや関係を築いて行く、そのような活動を観察し理解し、もっと面白く効果的なものにするための研究に映像やコンピュータを活用して取組みます。
►研究業績等

小松 孝徳 (コマツ タカノリ )

研究テーマ 人間とメディアの「いい関係」を認知科学の視点から読み解く



パソコン、携帯電話など、私たちの生活はさまざまな人工物に囲まれることで成り立っています。あなたは、それらを自分の思った通りに使いこなしていますか?そ れらにイライラしていませんか?そんな素朴な疑問に真摯に向き合い、誰も気づかなかった問題点を認知科学的手法を用いて見つけ出し解決するのが本研究室の テーマです。
►研究業績等
►ホームページ

斉藤 裕樹 (サイトウ ヒロキ )

研究テーマ センサ、携帯端末、コンピュータが融合した実世界メディアの新しいネットワークの研究



無線通信可能なセンサによって実世界のデバイスがネットワークで結ばれるような新たな環境が広がっています。当研究室では、実世界情報を扱うプロトコル、アルゴリズム、アプリケーションの研究を行います。
►研究業績等

嵯峨山 茂樹 (サガヤマ シゲキ )

研究テーマ 音声と音楽を対象に、さまざまな信号処理と情報処理の問題を解く



自動作曲、自動伴奏、自動編曲、自動採譜、和声認識、音色変換、音声認識、音声合成、音声変換、環境音認識、聴覚情景分析、手書き文字認識などをテーマとして、信号処理理論や確率モデルや音楽理論を駆使して研究しています。
►研究業績等

鹿喰 善明 (シシクイ ヨシアキ )

研究テーマ 映像コミュニケーションのための映像・画像処理、画像符号化の研究



人は膨大な情報量を目から得ています。映像から何らかの意味のある情報を抽出したり、映像を生成・加工・提示する技術、できるだけ効率的に映像を伝送・蓄積する技術の研究を行います。
►研究業績等

鈴木 正明 (スズキ マサアキ )

研究テーマ コンピュータを利用した曲面上の幾何学や結び目理論の研究



数学分野のトポロジーにおいて、特に曲面の写像類群やねじれAlexander多項式に関する問題を、プログラムを組むことによって計算機を活用しながら研究しています。
►研究業績等

中村 聡史 (ナカムラ サトシ )

研究テーマ 人の力とコンピュータの力をうまく引き出し、新しい検索の仕組みを実現する研究



人の行動はすべて検索であるといっても過言ではありません。人の力とコンピュータの力をうまく引き出すことによって、新しい検索の仕組みを実現することが本研究室のテーマです。
►研究業績等
►ホームページ

橋本 直 (ハシモト スナオ )

研究テーマ 拡張現実感、人とロボットのインタフェースに関する研究



人間や物体、ロボットなどの物理的な存在と、情報というバーチャルな存在を共通のルールで扱えるようにするための手法を研究し、私たちが生活している実世界とコンピュータが作りだす情報世界の融合を目指します。
►研究業績等
►ホームページ

橋本 典久 (ハシモト ノリヒサ )

研究テーマ シンプルで力強いアート表現の研究



メディア映像芸術はテクノロジーの発達と密接に関わっています。映像前史から現代までに影響を与える基礎的な技術を研究し、シンプルで力強いアート表現への展開を研究します。
►研究業績等

福地 健太郎 (フクチ ケンタロウ )

研究テーマ インタラクティブメディアとエンタテインメント応用に関する研究



五感で楽しむエンタテインメント体験を支えるインタラクティブメディアのための基礎技術を研究・開発しています。また、その楽しいメディア技術を日々の生活のさまざまな場面に応用するための研究をしています。
►研究業績等
►ホームページ

宮下 芳明 (ミヤシタ ホウメイ )

研究テーマ 人間の表現能力をコンピュータで拡張



人が表現を行ったり、その表現を享受したりする行為を、コンピュータで拡張する研究を行っています。この「表現」とは、CGやゲーム、音楽からTwitterのつぶやきまで、多岐にわたる分野を包含します。
►研究業績等
►ホームページ(研究室)
►ホームページ(個人)

渡邊 恵太 (ワタナベ ケイタ )

研究テーマ インタラクションデザイン,デザインエンジニアリング



未来の道具・家電・住宅。人間の生活と情報技術をシームレスに融合するインタラクション手法の提案と開発を行っています。エンジニアリング、デザイン、人間性の融合による新しいモノづくりを目指します。
►研究業績等

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.