Go Forward

基礎ゼミナール(1年生)紹介[波照間 永子]

明治大学情報コミュニケーション学部 基礎ゼミナール(1年生)紹介
波照間 永子 准教授
(主要担当科目)身体表現論

≪学生へのメッセージ≫

 現代社会はグローバルな視点が重要だといわれます。このような時代においては、多様な異文化を学ぶとともに、日本の文化や芸術を研究し、世界に向けて発信する力が求められます。本ゼミでは、芸術文化“アート”を研究するだけでなく、その成果を伝える国際交流プロジェクトを通して、人と人とを繋ぐアートの力を探求します。プロジェクトの実際は、ゼミ生作の映像をご覧ください。
■演習テーマ
 グローバル化時代における芸術文化交流
-研究から創造・表現へ-
■授業内容
  現代社会は,国家や地域などの境界を越え,地球を一つの単位として捉えるグローバルな視点が重要だといわれています。
 このような時代においては,多種多様な異文化の特性を学び理解するとともに,日本の文化や芸術を深く掘り下げて研究し,世界の人々に向けて発信する力が求められます。
 本ゼミでは,芸術文化を研究するだけでなく,その成果をより良く伝えるための実践“創造&表現” を通して,人と人とをつなぐ交流の有り方を探求します。
その他(アドバイス等)
 芸術文化の研究や発信を通して,日本と世界をつなぐ架け橋になりたいと希望している人はぜひ受講していください。