Go Forward

基礎ゼミナール(1年生)紹介[石川 幹人]

明治大学情報コミュニケーション学部 基礎ゼミナール(1年生)紹介
石川 幹人 教授
(主要担当科目)脳科学/環境生物学/認知科学

≪学生へのメッセージ≫

 近年、進化心理学や行動経済学など、人間の科学的な理解が発展して社会に関する科学と接続し始めています。SNSで多くの人とつながりながら孤独を感じる、情報がいっぱいあるのに的確な行動がとれないなどの問題は、上述の学際的な見方を身につけることで理解が進みます。
ぜひ一緒に考えていきましょう
■演習テーマ
 人間科学の視点から社会を見る
■授業内容
  高校までの生活ではとかく見過ごしがちであった身のまわりのテーマに関して,あらためて人間科学の視点から見つめ直します。それによって,現代社会の実態や機能について理解し,問題に対処するにはどうしたらよいかを考えます。
 たとえば,次のような事柄に関してグループで議論して,社会においてそれらが担う役割を掘り下げていきます。
     感情        欲求        夢と希望
   友人        競争        上下関係
   勉強        仕事        社会貢献
   お金        報酬        リーダー
   性別        家族        居場所
   信頼        格差        マスメディア
   文化        市場        ストレス
   安全        宗教        掟やルール
その他(アドバイス等)
 このゼミでは,グループでの議論に積極的に参加する必要があります。人の様子をうかがってから行動する慎重な性格の方には向きません。
石川幹人先生の個人HP