Go Forward

基礎ゼミナール(1年生)紹介[永井 健太郎]

明治大学情報コミュニケーション学部 基礎ゼミナール(1年生)紹介
永井 健太郎 助教
(主要担当科目)マスコミュニケーション論

≪学生へのメッセージ≫

 
■演習テーマ
「マスコミュニケーション研究」入門
■授業内容
 現代は高度に情報化された社会です。テレビや新聞などの旧来のマスメディアによるマスコミュニケーションに加えて,SNS を中心としたコミュニケーションが加わり,多様で複雑な情報コミュニケーション活動が行われています。その中で重要視されてきたのがマスコミュニケーションです。なぜ,マスコミュニケーションが重要なのでしょうか。それは,マスコミュニケーションが政治,経済,社会,そして,文化に多様な影響を与えてきたからです。
 本基礎ゼミナールの目標は,学生の皆さんに,マスコミュニケーション論の基礎的な知識の習得してもらうことです。しかし,前提となる知識は必要ありません。このゼミでは,皆さんが知らない様々なメディア社会の出来事を巡りながら,大学生になったばかりの皆さんがメディアと社会との関係に興味を持って貰うためのものです。同時に,多様な問題に触れることを通して,皆さんの問題関心の幅を広げることを目指します。
 春学期は,マスコミュニケーション研究の基礎的なテキストを輪読し,発表を行います(a モジュール)。同時に,文献資料収集の方法,アカデミック・ライテイング,プレゼンテーションの方法を指導します(bモジュール)。秋学期は,テキストの輪読を続けることに加えて,リサーチ・ペーパーの執筆のための指導を行います。