Go Forward

基礎ゼミナール(1年生)紹介[須田 努]

明治大学情報コミュニケーション学部 基礎ゼミナール(1年生)紹介
須田 努 教授
(主要担当科目)社会文化史/異文化コミュニケーション史

≪学生へのメッセージ≫

 大学とは学生が主体的に学ぶ場です。せっかく情コミに来たのです。1年生の≪今≫から、好きな勉強をすること、研究することの楽しさを体験しましょう。4年間はあっという間ですから。
■演習テーマ
 歴史学を素材にして,専門書の読解,プレゼンの作法,研究レポート作成などの能力を
育成する。
■授業内容
  みなさんは,今まで受動的な勉強を行ってきました。大学とは,自ら問題を発見し,それにアプローチするための素材(データ)を集め,論理を構築し,その問題を解決していく,という場なのです。しかし,トレーニングをせずに,そのような領域(それを研究と言います)に入ることはできません。このゼミでは,1年かけて,研究領域の入り口に立つためのトレーニング(専門書の読解,研究レポートの作成)を行います。
 ゼミメンバー全員で,歴史学の名著を輪読します。毎回,レポーターを決め著作を読み込んでいきます。レポーターは,毎回,自分が重要と思う論点等を意識し,レポートを作成します。そして,その論点について,メンバー全員で議論を重ねます。
 以上のトレーニングにより,専門書を読み,研究レポートを作成するうえでの作法と倫理をまなび,その楽しさを会得します。
 ゼミは学生の主体的学習の場です。専門書の選定に関して,わたしから助言を行いますが,それを決定するのはみなさんです。