Go Forward

基礎ゼミナール(1年生)紹介[渡邊 美樹]

明治大学情報コミュニケーション学部 基礎ゼミナール(1年生)紹介
渡邊 美樹 兼任講師

≪学生へのメッセージ≫

 マス・メディアやインターネットに関する法律を学び、法的視点も養いましょう。ゼミでは、有名人とプライバシー、名誉毀損、肖像権、CM上の表現など様々なテーマについて扱い、知識を深めます。よりよい情報社会を築くため、多角的視座から一緒に考えていきましょう。
■演習テーマ
メディア,インターネットに関する法を学ぶ
■授業内容
 このゼミナールでは,おもにマス・メディアとインターネットに関する法律を学びます。情報伝達技術の多様化は,肖像権利侵害や名誉毀損など複雑な権利侵害を引きおこし,SNSの普及は,その被害の拡大を容易にしています。今後,よりよい情報社会にして行くために,まずは,問題状況を的確に把握する必要があるでしょう。
ゼミナールでは具体的に,有名人の肖像やパブリシティー権をめぐるトラブル,有名人の名誉毀損に関する問題,CM上の表現をめぐる問題,また改正個人情報保護法や,インターネットに関する法律などをテーマとして考えます。また情報社会を考えるにあたって重要となる,メディア・インターネットに関する事例(判例)も取り上げます。具体的事例について考えることは,問題状況の把握が容易になり,今日的課題も明確になっていきます。
情報技術の発達により,情報環境は日々変化を続け,従来の法理論の枠組みでは,解決が困難な状況も見受けられるようになっていますが,メディアと法の動向にも関心を持ちながら,深い思考をもって学んでください。
その他(アドバイス等)
 テレビ,新聞,インターネットを通じ,メディアと法の動向にも関心を持ちましょう。