Go Forward

マイカリキュラムーカスタマイズできるカリキュラムー

2021年度以降入学者

 情コミは「ガクの情コミ」を掲げています。ここでいう「ガク」とは学・楽を表しています。本来、勉学・研究とは楽しいものなのです。⽂学・哲学・法学といったように2 ⽂字の⽇本語で表される学問は、中世のヨーロッパの⼤学のカリキュラムの中から創られました。それらが、思惟・思索という世界を構築してきたのです。情コミでは、この良き伝統を継承しつつ、現代社会と向き合うために、①社会の⟨現在⟩を捉える、②多様で学際的なアプローチ、③創造と表現、といった3 つの柱を掲げ、それを実現するためのカリキュラムを組み⽴てました。情コミにはさまざまな専⾨分野の教員が多様なゼミ・講座を展開しています。その特徴をうまく利⽤し、3 つの柱を意識して学問・研究に取り組んでみましょう。
 さらに、現代社会と向き合うためには、“世界”を知ることも必要となります。「ガクの情コミ」では「世界のキャンパスから」→「短期留学」→「長期留学」という3 ステップによる国際交流プログラムも⽤意しています。「ガクの情コミ」での学問・研究によって、今までになかった世界が⾒えてくるはずです。

カスタマイズできるカリキュラム

2017~2020年度入学者

クリックで冊子が閲覧できます

 1年次から段階を経て学際的知識を修得することが可能となるカリキュラムを設けてあります。
卒業要件の124単位のうち、[3フレーム・科目プール制]が適用される専門科目群に関しては、選択必修科目として64単位以上を履修する必要があります。1・2年次では社会科学・人文科学・自然科学の[3フレーム]から計10単位(社会科学フレームから4単位、人文科学フレームから4単位、自然科学フレームから2単位)以上を、3・4年次では、残りの履修単位を勘案して、社会システム・文化と表象・人間と環境の3つのフレームに配置した[科目プール]から自由に履修することができます。
学生は自己の問題関心に従い、主体的にカスタマイズした科目履修が可能となります。わたしたちは、それを支援するために[履修モジュール]というものを80種類ほど用意しました。もちろん、この[履修モジュール]は例示でしかありません。学生はそれを参考にして、履修科目を自由にカスタマイズすることができるわけです。

 詳細は左側の画像より冊子をご覧ください