Go Forward

キャンパスストレージシステム (2019年度新システム)

目次

キャンパスストレージについて

「キャンパスストレージシステム」とは、学内ネットワーク(MIND) で利用できるWindows ファイルサーバです。
特定のグループ(研究室など)において、グループメンバー間のファイル共有、または、グループ外(学内)に対してデータ公開を行なうことができます。

システム構成

ハードウェア



機種名 富士通 NR1000 F2650
HDD 合計 150TB
※ RAID-DP

利用方法

キャンパスストレージの利用は、特定のグループ(研究室など)のフォルダ単位となっています。

キャンパスストレージを利用するには、「 生田基盤サービス利用アカウント」が必要です。
さらに、各グループのフォルダには、そのフォルダをアクセスすることができるグループメンバーを定義する権限をもつ「管理者」が定められています。「管理者」はWebブラウザを用いて管理作業を行います。初期の「 管理者用アカウント」については生田メディア支援事務室にて設定致します。

グループフォルダ名や管理者用アカウント等の情報は、生田メディア支援事務室までお問い合わせください。