受託研究

概要

企業・国・地方自治体等からいただいた研究課題を明治大学の研究者が研究いたします。簡易な実験、自社製品の性能試験などに適しています。

ステップ

1 ご相談
エントリーシートにて研究ニーズをお寄せください。
下へ
2 研究担当者のご紹介
専門のコーディネーターがエントリーシートに基づき、ヒアリングをさせていただいた上で、研究ニーズに最適な教員をご紹介いたします。
下へ
3 研究計画の打合せ
担当の教員が決まりましたら、研究計画の打ち合わせを行わせていただきます。協議に基づき、研究内容、研究期間、研究費※等について共同研究計画書にてご提案申し上げます。
下へ
4 研究のお申し込み
委託研究計画書にご了承いただいた後、委託研究申込書にて正式なお申し込みをいただきます。
下へ
5 契約の締結
研究により生じた知的財産権の取扱い(帰属や実施など)、秘密保持に関する事項を協議し、委託研究契約を締結させていただきます。
下へ
6 研究費のお支払い
研究費を請求させていただきます。お支払い方法については協議させていただきます。
下へ
7 研究の開始
研究計画に基づき、研究を開始いたします。
下へ
8 成果の報告
研究の完了に伴い、本学から研究報告書を提出いたします。研究期間が長期の場合は、中間報告会等を実施させていただくことも可能です。

※研究費=直接費用(研究の実費)+間接費用(直接費用の10%)+消費税になります。
 

フォーマットダウンロード

フォーマット名 ファイル形式 記入例
エントリーシート エントリーシート(Word)
Word形式
エントリーシート(PDF)
*PDF形式
 -
委託研究申込書 委託研究申込書(Word)
Word形式
(和文)
 委託研究申込書(Word)
Word Format
(English)
 委託研究申込書(PDF)
PDF形式
(和文)
 委託研究申込書(PDF)
PDF Format
(English)
委託研究申込書(PDF)
PDF形式
(和文)
 委託研究申込書(PDF)
PDF Format
(English)
委託研究計画書 委託研究計画書(Word)
Word形式
委託研究計画書(PDF)
*PDF形式
委託研究申込書(PDF)
*PDF形式
委託研究契約書
(ひな型)
委託研究計画書(Word)
Word形式
 委託研究契約書 (ひな型)(PDF)
*PDF形式
 -
誓約書1
※学生が企業との共同研究に参加する際,使用します。
誓約書1(Word) 
Word形式
誓約書1(PDF)
*PDF形式
 -
誓約書2
※学生が秘密情報にアクセスする際,使用します。
誓約書2(Word)
Word形式
誓約書2(PDF)
*PDF形式
 -
秘密保持契約書
※企業等に受託研究契約等の締結前の検討のための情報を開示する際,使用します。
 秘密保持契約書(Word)
Word形式
 秘密保持契約書(PDF)
*PDF形式
 -

Get ADOBE READER

*ご覧になるには、Acrobat Readerが必要です。
ダウンロードするには下記のボタンをクリックしてください。

Q&A

Q.どのような場合に受託研究制度を活用すればよいでしょうか?
A.委託されるテーマが決まっており、研究により期待する成果が見込まれる場合にはこの制度のご活用が適しています。漠然としたご相談よりも、できるだけ具体的にご相談された方がスムーズに研究の実施に移ることができます。
Q.どのような研究が可能ですか? 
A.明治大学が行っている研究テーマを「研究シーズ集」にまとめておりますのでこの冊子をご覧下さい。この冊子に載っていないテーマでも、対応が可能なものもございますので、エントリーシートにてご要望をお寄せください。 
Q.簡単な研究の依頼もできますか?
A.簡単な分析依頼等でも結構です。分析結果は委託者にご報告いたしますが、分析方法に関して生じた知的財産権等は大学に帰属させていただきます。但し、委託者の協力の下に生じた知的財産権等の帰属については別途協議させていただきます。 
Q.研究費は多額にかかるのでしょうか?
A.研究費は、実際に研究にかかる実費と間接費用をいただきます。ご提示した研究費については、ご相談の上、研究内容、研究期間などと併せて決めさせていただきます。研究内容、研究期間によっては、数十万円からのご依頼も可能です。 
Q.相談した内容が洩れてしまうのでは?
A.相談内容については、厳重に取扱い、秘密を厳守いたしますので、ご安心してご相談ください。 
Q.研究期間は複数年にわたることも可能ですか?また短期の依頼も可能でしょうか?
A.長期の契約期間についてはご相談に応じて対応いたします。研究のスケジュールに無理のない範囲であれば短期の契約も可能です。 
Q.発生した知的財産権はどのように取り扱われますか? 
A.契約時に協議の上決めさせていただきます。通常は持分均等の共有とさせていただいておりますが、状況および条件によっては、委託者への全面譲渡も可能です。実施については、委託者又は委託者から指定された方に優先してご利用いただくことができます。 
Q.共同出願した知的財産権の実施の条件は?
A.共同出願した特許等を実施する際は、大学の商業的実施の放棄を条件に、不実施補償料をいただきます。不実施補償料をいただくのは、共願特許について、本来であれば双方が対等に実施し、利益を得ることができるのに対して、大学は機関の目的上、商業的な実施は行わず、利益を得ることができないため、それを補償していただくためです。 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.