Go Forward

農学研究科の教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

農学研究科

博士前期課程

農学研究科博士前期課程は,自然と人間の持続的な共生と調和を目指して,農芸化学,農学,農業経済学,生命科学という4つの専攻を設置し,以下のカリキュラム編成方針に基づいた教育を行います。

「食料・環境・生命」に関する総合的な科学研究を推進するために,基礎から応用までを含むカリキュラムを編成し,幅広い知識を学ぶとともに,研究指導においては特論や演習及び実験・調査を通して,国際性と高度な専門性を培うことを重視した指導体制を構築しています。


博士後期課程



農学研究科博士後期課程は,「食料・環境・生命」分野における,分子レベルから地球環境レベルに至る多様な課題について,ライフサイエンスから社会科学までの幅広いアプローチにより,高度な専門知識を備え,広い視野から問題解決に当たることができる,専門性と総合性を兼ね備えた人材を育成するために,農芸化学,農学,農業経済学,生命科学という4つの専攻を設置し,以下のカリキュラム編成方針に基づいた教育を行います。

〇 専攻分野に関する高度な専門知識と幅広い教養の修得のための3年間継続の特別研究に加え,自ら研究を企画・推進する能力,学術研究の論理的説明能力,英語でのプレゼンテーション能力などを涵養するために,3年間継続の特別演習を行います。

〇 3年間で博士論文を完成させることを目標に,研究テーマの選定,実験・調査の手法,データの収集と解析について指導します。さらに,学会・シンポジウム等での研究成果の発表や学術誌への論文投稿を推奨し,指導します。