Go Forward

経営学研究科学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

経営学研究科

博士前期課程
   経営学研究科博士前期課程では、本研究科の定める修了要件を満たし、かつ、学業成績ならびに学位論文に基づき、以下に示す資質や能力を備えたと認められる者に対し修士(経営学)の学位を授与します。

(1) 経営学に係る9の専門分野のいずれかに分けられた研究を深め、優れた専門知識や問題解決能力を身につけていること。
(2) リサーチコースについては、自立した研究者を目指し、種々の経営に係る研究・調査などを、理論的・学問的展望の下で掘り下げる資質や能力を有していること。
(3) マネジメントコースについては、高度専門職業人として、具体的な課題に対し研究に裏打ちされた問題解決能力を広く社会に還元できる資質や能力を有していること。
(4) ダブルディグリープログラムについては、国内外の研究を融合させて理論的・実証的視点、あるいは国際的視点によって、多面的研究能力を示すこと。


博士後期課程
  経営学研究科博士後期課程では、本研究科の定める修了要件を満たし、かつ、学業成績ならびに学位論文に基づき、以下に示す資質や能力を備えたと認められる者に対し博士(経営学)の学位を授与します。                      

(1) 経営学に係る8つの特殊研究のいずれかから自身の研究領域を応用・高度化させ、国際水準に達する問題解決能力や知識を有していることに加え、博士後期課程修了後も国内外において研究・教育を続ける資質や能力を有していること。
(2) 自身の研究・教育を通して社会科学としての経営学の発展に寄与する意志。グローバルな視点で研究展開 し、経営現象を総合的に理解し、多様な言語を用いて自身の研究領域を発信していること。