Go Forward

国際日本学研究科学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

国際日本学研究科

博士前期課程

   国際日本学研究科博士前期課程は、日本の文化及び社会システムを国際的な視点に立ってよく理解するとともに、異文化や多様な社会システムに対する理解力をもち、さらに自らの意思を的確に表現できる、国際社会で広く活躍できる主体性を備えた実務者・教育者・研究者等を養成することを目指しています。
この目的を踏まえ、本研究科の定める修了要件を満たし、かつ、学業成績ならびに修士学位論文から、以下に示す資質や能力を備えたと認められる者に対して修士(国際日本学)の学位を授与します。
(1)人文科学と社会科学を相互浸透的に捉え、国際日本学として研究できる資質や能力。
(2)日本研究と国際研究を複合的に捉え、国際的視野で物事を考え、表現することができる資質や能力。
(3)現実社会や様々な学術分野で生じている新たな課題を発見し、その解決方法を探る資質や能力。
(4)課題を広く深く考察し、それについて独自な知見を提示する資質や能力。

博士後期課程

   国際日本学研究科博士後期課程は、日本の文化及び社会システムを国際的な視点に立ってよく理解するとともに、異文化や多様な社会システムに対する理解をもち、さらに自らの意思を的確に表現することができる、国際社会で広く活躍できる主体性を備えた人材、とりわけ国際日本学の発展に寄与しうる柔軟で堅固な基礎を持つ研究者を養成することを目的としています。
この目的を踏まえ、本研究科の定める修了要件を満たし、学業成績及び博士学位論文審査に合格し、以下に示す資質や能力を備えたと認められる者に対し博士(国際日本学)の学位を授与します。
(1)人文科学と社会科学の諸分野を相互に関係付け、学際的に研究を展開できる資質や能力。
(2)国際的視野で物事を考え、国際的水準で表現することができる資質や能力。
(3)日本社会、国際社会や様々な学術分野で生じている新たな課題の深層を探究し、その課題解決に貢献する資質や能力。
(4)研究課題について本質を究明し、体系的な知見を持ち、独創的な成果を提示し、学術分野に貢献する資質や能力。