Go Forward

政治経済学研究科入学者の受入方針(アドミッション・ポリシー)

政治経済学研究科

博士前期課程
 政治経済学研究科博士前期課程は2つのコースを有し、博士後期課程との一貫教育により国際的にも通用する若手研究者の養成を目指す研究者コースと、グローバルに活躍できる高い判断能力を備えた高度職業人の育成を目指す高度職業人コースとがあります。このため、本研究科では主に次のような資質や意欲を持つ学生を積極的に受け入れます。
 (1)政治、社会、経済のいずれかの一般的ならびに専門的素養を持ち、明確な問題意識を持つ者。
 (2)外国語文献にも取り組む向学心を持ち、粘り強く研究を続ける意欲を持つ者。
 以上の入学者受け入れ方針に基づき、学内選考入学試験、コース別の一般入学試験、外国人留学生入学試験、社会人特別入学試験、飛び入学試験など、多様な受験生に対応した適切な入学者選抜試験制度が設けられています。
 なお、修得しておくべき知識等の内容・水準を以下のとおり求めます。
 (1) 政治学、社会学、経済学、またそれらの関連領域において、一般的素養を持ち、研究対象について分析・考察を進めるための基礎的能力を修得していること。
 (2) 他者の意見を尊重しながら、自分の考えを明確化するために議論できるようなコミュニケーション能力を備えていること。
 (3) グローバル化が進展する現代社会に対応する能力を備え、幅広い視野と優れた外国語能力を修得していること。
博士後期課程

 政治経済学研究科博士後期課程は、自立性・創造性・革新性に優れたオリジナリティにあふれる、国際的にも十分通用できる研究者の養成を目指しています。このため、本研究科では主に次のような資質や意欲を持つ学生を積極的に受け入れます。
 (1) 政治、社会、経済のいずれかにおいて十分な専門的素養を持ち、明確な問題意識を持つ者。
 (2) 外国語文献の十分な読解力を持ち、粘り強く研究を続ける意欲を持つ者。
 以上の入学者受け入れ方針に基づき、修士学位論文、外国語試験、面接試験により公正な入学者選抜が行われています。
 なお、修得しておくべき知識等の内容・水準を以下のとおり求めます。
 (1) 政治学、社会学、経済学、またそれらの関連領域において、十分な専門的素養を持ち、自分の専門に関する研究を推進できる能力を修得していること。
 (2) 学術、研究の高度化とグローバル化が進展する現代社会に対応できるような幅広い視野、分析手法、優れた外国語能力を修得し、自分の専門分野に生かす力を修得していること。