Go Forward

経営学研究科入学者の受入方針(アドミッション・ポリシー)

経営学研究科

博士前期課程
経営学研究科博士前期課程では、独立した精神と個の強さを有し、優れた専門知識を身につけた研究や教育の分野におけるスペシャリスト、すなわちさまざまな企業や公的分野におけるトップマネジメント及び経営関連分野における高度専門職業人を養成します。そのため、研究に向かう真摯な姿勢を抱いた次の国内外の学生を積極的に受け入れます。

 (1) リサーチコースでは、経営学をより高度に発展、展開したいと希望する者。
 (2) マネジメントコースでは、職業上経験を踏まえて諸課題の本質を見きわめたいと考え、実務の世界で修得してきた知識を理論的に掘り下げたい者。
 (3) 経営に関する知識を拡大することにより、実務で培ってきた知識が学問的にどのような位置にあるのかを探求したい者。
 (4) 外国語を使用して経営・会計研究を行い、国内のみならず海外の大学において経営の専門科目を学びたい者 、ダブルディグリープログラムなど提携関係にある海外大学院の院生、全国社会保険労務士会連合会及び中小企業診断協会など学外機関と開発したプログラムへの参加希望者。 

以上の求める学生像に基づいて、学内選考入学試験、一般入学試験、外国人留学生入学試験、社会人特別入学試験、3年早期卒業予定者入学試験、飛び入学試験を実施し、筆記試験(筆記試験以外の方法で学力を評価できる場合を除く)と面接試験によって選考を行ないます。

経営学研究科博士前期課程に入学するにあたり、求める知識、技能、関心等を以下のとおり求めます。

 (1) 研究の基礎となる語学力や経営学に係る知識や理解力。
 (2) 研究課題について論理的に分析する能力。
 (3) 基本的な情報処理能力。
 (4) 誰とでもコミュニケーションを取れる能力と協調性。
  
博士後期課程
  経営学研究科博士後期課程では、独立した精神と個の強さを有し、優れた専門知識を身につけたプロフェッショナルとして経営学研究に携わる人々、すなわち大学や研究機関で研究、教育の任にあたる人材を養成します。そのため、高度な研究に向かう真摯な姿勢を抱いた次の国内外の学生を積極的に受け入れます。

 (1) 自身の研究分野をさらに究める意識の強さを持ち、社会科学としての経営学の発展に寄与したい者、国内外の修士学位取得者。
 (2) 経営学の研究領域の本質を理論的・実証的に確立し、研究者としてプロフェッションを目指す者、提携関係にある海外大学院の交換留学生。
 (3) 大学教員、公認会計士、裁判官、検事、弁護士など修士学位取得者と同等の学力があると認められる者。

以上の入学者受入方針が求める学生像に基づいて、一般入学試験、外国人留学生入学試験を実施し、修士学位請求論文、修士学位論文を作成していない場合には修士学位請求論文相当の論文の審査、筆記試験(筆記試験以外の方法で学力を評価できる場合を除く)、面接試験によって選考を行ないます。

経営学研究科博士後期課程に入学するにあたり、求める知識、技能、関心等を以下のとおり求めます。

 (1) 経営学に係る専門知識や問題解決能力。
 (2) 定量的・定性的なものの見方。
 (3) 外国語文献を読み解く語学力。
 (4) 海外留学や国際学会に積極的に参加する国際性。