Go Forward

【重要なお知らせ】


新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のための入構可否基準について


 新型コロナウイルス感染症の感染防止のため,大学構内への入構可否について,以下の基準に基づき判断します。

1 保健所等から感染者または濃厚接触者として特定された場合
(1) 学生・教職員が感染した場合(新型コロナウイルス感染症に関する検査の結果,陽性診断された場合)
 ① 自身の新型コロナウイルス感染が判明した際は,各自の所属する学部事務室等へ電話(またはお問い合わせフォーム)で連絡してください。
 ② 当該の学生・教職員は,保健所(もしくは担当医療機関)から指示のあった期間は,大学構内に入構できません。
 ③ 治癒後,各自の所属する学部事務室等へ電話(またはお問い合わせフォーム)で連絡してください。
 ④ 学生は,「感染症罹患・治癒証明書」を所属する学部事務室等へ提出してください。授業欠席等の対応については,所属する学部事務室等へ相談してください。

■お問い合わせフォーム
https://www.meiji.ac.jp/koho/natural-disaster/form.html

■感染症罹患・治癒証明書 
https://www.meiji.ac.jp/campus/medical-certificate/absense.html

(2) 学生・教職員が保健所等から濃厚接触者として特定された場合
 ① 自身が濃厚接触者であることが判明した際は,各自の所属する学部事務室等へ電話(またはお問い合わせフォーム)で連絡してください。
 ② 当該の学生・教職員は大学構内に入構できません。入構停止期間は,感染者と最後に濃厚接触をした日から起算して14日間とします。
   当該期間中は大学構内に入構できません。
  ※ 新型コロナウイルス感染症に関する検査で陰性判定となった場合であっても,入構停止期間は短縮できません。
  ※ 上記の入構停止期間に関わらず,保健所(もしくは担当医療機関)から指示のあった期間は大学構内に入構できません。
 ③ 14日間経過後,各自の所属する学部事務室等へ電話(またはお問い合わせフォーム)で連絡してください。
    授業欠席等の対応については,所属する学部事務室等へ相談してください。

2 学生・教職員自身の体調がすぐれない場合
(1) 学生・教職員が新型コロナウイルス感染症に関する検査を受診した場合
 ① 医療機関等において新型コロナウイルス感染症に関する検査を受診した際は,
   各自の所属する学部事務室等へ電話(またはお問い合わせフォーム)で連絡してください。
 ② 当該の学生・教職員は大学構内に入構できません。入構停止期間は,新型コロナウイルス感染症に関する検査を受診した日から起算して14日間とします。
   当該期間中は大学構内に入構できません。
   ※新型コロナウイルス感染症に関する検査で陰性判定となった場合は,保健所(もしくは担当医療機関)からの指示に従ってください。
 ③ 14日間経過後,各自の所属する学部事務室等へ電話(またはお問い合わせフォーム)で連絡してください。
   授業欠席等の対応については,所属する学部事務室等へ相談してください。

(2) 学生・教職員に風邪症状(発熱,咳,倦怠感,嗅覚・味覚異常など)がある場合
 ① これらの症状がある学生・教職員は,薬等を内服していない状態で,風邪症状が消失し,3日以上経過しなければ,大学構内に入構できません。
 ② 大学構内への入構後2~3日以内に,これらの症状を認めた場合は,各自の所属する学部事務室等へ電話(またはお問い合わせフォーム)で連絡してください
  ※なお,症状が4日以上続く場合は「帰国者・接触者相談センター」等に必ず相談してください。

3 家族等の同居者が,保健所等から感染者または濃厚接触者として特定された場合
 ① このような場合,学生・教職員が既に感染している可能性があるため,感染予防の観点から,当該の学生・教職員は大学構内に入構できません。
   入構停止期間は,同居者と最後に接触した日から起算して14日間とします。当該期間中は大学構内に入構できません。
  ※同居者が新型コロナウイルス感染症に関する検査で陰性判定となった場合は,保健所(もしくは担当医療機関)からの指示に従ってください。
 ② 学生・教職員自身も,保健所等から感染者または濃厚接触者として特定された場合は,上記1 (1)または(2)のとおり対応してください。
 ③ 同居者に上記2 (2)のような風邪症状がある場合は,自身の健康管理を行うとともに,大学構内への入構を自粛してください。
以 上