Go Forward

センター長挨拶

知的財産法センター長 熊谷健一



わが国は、これまで、安価で高品質の製品を大量に生産することによって、国際競争力を獲得してきました。しかし、アジア諸国をはじめとする新興国の技術力・生産力の向上に伴い、これからは、「Only one」の新製品を世界に先駆けていち早く市場に提供する戦略に転換することを迫られています。その戦略を推進するためには、企業の技術・デザイン、ブランド・コンテンツ等を他社の模倣から守ることが不可欠であり、知的財産権の保護・活用を行うことがより重要になっています。「知的財産の保護・活用」のためには、技術や経営のセンスを備えるとともに国際的に活躍できる知財法曹人財の育成が不可欠です。 明治大学法科大学院で知的財産を学んだ修了生は、法律事務所のほか、企業法務部、官庁、国際機関等、多方面で活躍しており、今後も活躍の場が拡がることが期待されています。
このような状況の下、知的財産法センターにおいては、外部資金の獲得を積極的に行い、全学組織である知的財産法政策研究所とも連携しつつ、知的法曹人材の育成のための活動を推進してまいりました。
今後も、知的財産教育のさらなる充実とともに、知的財産に関する研究や情報発信を積極的に行っていきたいと思いますので、皆様方のご指導、ご鞭撻を賜ることができれば幸いです。