Go Forward

明治大学図書館

【中央図書館】ギャラリー「城市郎文庫展ー出版検閲とその処分」(※10月29日(火), 11月1日(金), 11月5日(火)は休館です)

開催期間:2019年10月18日~2019年11月17日
明治大学 中央図書館事務室

 中央図書館ギャラリーにて「城市郎文庫展—出版検閲とその処分」を開催します。
特色あるコレクションである城市郎文庫所蔵資料の中から,戦前の出版検閲により発売禁止などの処分を受けた貴重な資料や,戦後の刑法175条(猥褻文書関係)により摘発された資料などを解説とともに展示し,出版検閲の歴史や概要が理解できます。皆様のご来館をお待ちしております。
 
■会期:2019年10月18日(金)~11月17日(日)
    ※休館日:10月29日(火),11月1日(金),11月5日(火)
 
■時間 図書館の開館中は観覧いただけます。
    開館情報はホームページでご確認ください。
 
■会場 明治大学中央図書館1Fギャラリー(入場無料)
 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
   TEL 03-3296-4250
 (アクセスは  こちらから)
 
□展示関連企画 記念講演会「城市郎文庫と出版検閲」(仮)
城市郎氏の活動を振り返りながら,当コレクションの意義を伝える企画です。
 
■日時:2019年10月26日(土)13:30~17:00(予定)
            ※予約不要
 
■会場:明治大学駿河台キャンパス 中央図書館地下1階多目的ホール
 
■講師と内容(予定):
 
  講師 タイトル
講演1 浅岡邦雄(城市郎文庫研究会・元中京大学教授) 城市郎文庫の特徴と出版検閲の処分
講演2 山泉進(城市郎文庫研究会・明治大学名誉教授) 大逆事件後の出版検閲
ゲストトーク 湯原公浩氏(株式会社平凡社)聞き手・須川善行(城市郎文庫研究会) 城市郎と「発禁本」