Go Forward

演習(ゼミナール)紹介[大須賀 直子 OSUKA Naoko]

明治大学国際日本学部 演習(ゼミナール)紹介
大須賀 直子 教授 
OSUKA Naoko
(主要担当科目)  言語と文化 / (Lecture) Language and Culture
(開講言語) 日本語 / (Language) Japanese

■演習テーマ / Theme
翻訳を通して考える言語と文化
■授業内容 / Activities
<3年次>
実際に翻訳をおこなうことが中心となります。春学期は、児童文学、ミステリーなどを訳して翻訳技術を磨きます。また、字幕翻訳の基礎を学び、実際に練習します。春学期の終わりには、各自が翻訳したい本または映画を選び、シノプシス(一種の企画書)を作成し、プレゼンテーションをおこなって秋学期に共同で翻訳する作品を選びます。秋学期は、完成度の高さにこだわって、1つの本または映画を完訳します。また、受講者の希望によって、翻訳に関する文献講読をおこない、研究発表をしていただくこともあります。

<4年次>
各自がテーマを決めて翻訳、字幕翻訳、または翻訳に関連する研究をおこない、発表します。