Be a professional

職員インタビュー 佐藤 紗也香

中野キャンパスを盛り上げるために



2016年に学校法人明治大学に入職してから、中野キャンパス事務部中野教育研究支援事務室に所属しています。
私の所属する中野教育研究支援事務室は、就職キャリアや研究推進、学生支援、図書館や国際連携など複数の担当に分かれており、中野キャンパスに通う学生や先生方の授業外の活動のサポートが主な業務です。
その中で私は、国際連携担当として、中野キャンパスにおける国際プログラムの支援を行っています。中野キャンパスにある学部・大学院に通う留学生の生活支援や奨学金業務、明治大学から海外に学生を派遣する業務を担っています。留学生の受入と学生の海外派遣の両面から、中野キャンパス、ひいては明治大学全体の国際化に貢献できるよう、日々業務を行っています。

より多くの学生に世界へ飛び出してほしい



国際連携の業務の中でも、国際日本学部における海外留学派遣業務を主に担当しています。
国際日本学部に在籍する学生の多くが、短期・長期留学への参加を希望するため、そういった海外留学を志す学生のサポートを行っています。短期・長期プログラムともに、国際日本学部の留学プログラムは多岐にわたり、協定先の担当者と連携を取りながら募集準備やプログラムの調整、学内選考の実施、留学先大学への入学手続きを行いつつ、留学に付随する助成金などの業務も担当しています。特に長期留学の場合、出発まで1年近くかけて学生とともに準備をするため、業務を通して学生と深く関わり、ともに成長できることに喜びややりがいを感じています。
また、入職してすぐに、協定校の開拓のための海外出張を経験することができました。学生の支援だけでなく、学部や明治大学全体の国際化を進めるという使命感を持ちながら業務にあたることができているのは、大変嬉しく思います。 

国際化の面から明治大学を盛り上げたい



学生時代は、「将来は世界で活躍したい」と考えていました。その後、在学中に長期の留学を経験し、「『世界で戦う日本』を支える人材の育成に携わりたい」と思うようになりました。これまでの人生の中で、大学生活が最もいろいろなことに挑戦し、成長できた場であったと私自身が感じていたことから、大学という場で学生のために働きたい、明治大学に入職したいと思うようになりました。
現在は、「留学」という形で人材育成に関わっていますので、今後もより多くの学生が、より充実した留学生活を送れるように、支援方法やプログラムの改善に取り組みたいと考えていますし、この先も明治大学の国際化に尽力したいと思っています。
※各職員の所属部署は掲載当時のものです