Go Forward

職員インタビュー 寺﨑 愛莉

「就職の明治」にふさわしい支援を

就職キャリア支援部では、低学年の皆さんが進路を考える「キャリア支援」から、実際の就職活動をサポートする「就職支援」まで、進路に関して幅広い業務を担っています。「就職の明治」と呼ばれるにふさわしい支援ができるよう、日々改善に取り組んでいます。
また、就職キャリア支援事務室は全キャンパスにあり、主な業務も共通していますが、キャンパスによって所属する学生が違うため、それぞれのキャンパスの学生に合わせた行事作りなどの支援が必要になります。

学生の成長を間近で見られる



私が所属している生田就職キャリア支援事務室は比較的少人数の部署のため、様々な業務を兼任しています。中でも学生の個別相談は専任全員が対応しており、学生の皆さんの成長を間近に見られる瞬間でもあります。
また、就職支援行事を一から作り上げることもあります。複数の企業に依頼や打合せをしたり、当日のファシリテーターとして進行内容を考えたりと大変なことも多いですが、当日の学生の反応やアンケート結果が良かった時は喜びもひとしおです。
他にも、学生の皆さんには見えないところで、就職委員の先生方と打合せを重ねたり、官公庁や自治体から依頼される進路の統計データを作成したり、企業から送られてきた求人票を処理したりといった地道な作業もしています

大学の魅力を発信していきたい



私が明治大学職員を目指したきっかけは、母校である明治大学へのイメージが受験前後で大きく変わったことでした。私は地方出身で、当初は名前を聞いたことのある大学というだけで受験していました。しかし、実際に学生生活を過ごし、学生の「個」を応援してくれる環境に魅力を感じました。そこで、今度はその魅力を支える側、さらには当時の私のような受験生にもっと明治大学の魅力を発信していく側に立ちたいと思い、明治大学職員を志望しました。
現在は学生の進路に関する支援を行なっていますが、今後は他の支援や大学の制度などを多くの部署で経験し、大学全体に対する理解を深めていきたいと考えています。そして最終的には、志望のきっかけになった、明治大学の魅力を全国に発信していく仕事に携わりたいと思っています。
※各職員の所属部署は掲載当時のものです