Go Forward

震災等復興活動支援センター

シンポジウムで明治大学の取り組みを報告しました

2012年01月30日
明治大学 震災復興支援センター

報告を行う水野教授と西山裕基君報告を行う水野教授と西山裕基君

 1月28日(土)、早稲田大学西早稲田キャンパスでシンポジウム「社会とつながる学生ボランティア—大学による震災復興支援ボランティアの取り組み」(主催:早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター)が開催されました。
 その第1部では、明治大学,中央大学,法政大学、明治学院大学,立教大学,早稲田大学の震災復興ボランティアの事例紹介が行われました。

 本学からは明治大学震災復興支援センター副センター長・水野勝之商学部教授、学部間共通総合講座「東日本大震災に伴うボランティア実習」の受講生である西山裕基君(農学部2年生)が参加、「明治大学震災復興支援センターの取り組みから:浦安ボランティア拠点の経験を中心にして—」というテーマで報告しました。
 西山君は、明治大学の講座での体験(浦安ボランティア拠点や岩手県大船渡市での活動)に加えて、受講後自主的に参加した福島県での体験をあげてプレゼンテーションを行いました。
 
お問い合わせ先

明治大学教学企画事務室(震災復興支援センター)

駿河台キャンパス
101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL 03-3296-4288

Email:fukkou@mics.meiji.ac.jp