Go Forward

震災等復興活動支援センター

浦安市の「震災復興祈念のつどい」に参加しました

2012年03月22日
明治大学 震災復興支援センター

 明治大学震災復興支援センターは震災から1年となった3月11日に、液状化現象で大きな被害を受けた千葉県浦安市で開催された「震災復興祈念のつどい」に参加・出展しました。

 震災復興支援センターでは,浦安ボランティア活動拠点を設置しており、これまで被災地の商品をボランティア学生が販売する「被災地サポートマルシェ」を開催してきましたが、今回も地元の方々や被災地からやってきた方々とともに、学生が岩手と福島の商品を販売しました。
 会場には松崎秀樹浦安市長も駆けつけ、大変だったこの一年をあらためて市民のみなさんと振り返りました。そして地震が発生した14時46分には、会場にいるすべての人々が黙祷を捧げました。

 今回初めてこの活動に参加した学生は、「被災の様子はテレビ等でしか見たことがなかったが、一緒に黙祷をしたことでもっと自分にできることをやってみたいと感じるようになった」と語ってくれました。
浦安でのボランティア活動は、学生は浦安の方々だけではなく、東北の方々とも時を共にすることが多いですが、このことは学生にとても大きな刺激になるようです。
 
お問い合わせ先

明治大学教学企画事務室(震災復興支援センター)

駿河台キャンパス
101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL 03-3296-4288

Email:fukkou@mics.meiji.ac.jp