Go Forward

震災等復興活動支援センター

よみうりランドで大船渡さんまバーガーを販売しました

2012年10月21日
明治大学 震災復興支援センター

今回初めて、学生が主体となって販売を行いました今回初めて、学生が主体となって販売を行いました

パッケージには大船渡の子供たちが書いたイラストをシールにして貼りましたパッケージには大船渡の子供たちが書いたイラストをシールにして貼りました

 10月6、7、8日に東京都稲城市にあるよみうりランド内ファミリー広場にて、本学の学生が大船渡さんまバーガーを販売しました。6日は午前10時から、7日8日は9時から、販売しました。

 さんまバーガーは、大船渡を活性化するために広く普及活動をしている御当地グルメです。これまでにも相模大野もんじぇ祭り、 東京タワーさんま祭りで販売のお手伝いをしてきましたが、今回はよみうりランド内で3日間限定開催されるバーガーフェアにて、学生のみで販売を行いました。 準備の段階から学生たちが手配し、当日の販売を行いました。初日、二日目は天候が悪く思うように販売できず売れ行きも伸びませんでした。それでも買っていただいた皆様から美味しいと言っていただけたので、学生たちはその言葉を励みにがんばっていました。

 参加した学生たちは「天候も踏まえて準備の段階でもっと考えなくてはいけないことがたくさんある。勉強になりました。」と話していました。
 今後も関東で各地のイベントに参加し普及を目的に努力していきます。