Go Forward

震災等復興活動支援センター

千葉県浦安市のお寺の境内で東北被災地物産販売をしました

2012年11月19日
明治大学 震災復興支援センター

境内での販売に多くの方にお越しいただきました境内での販売に多くの方にお越しいただきました

 11月12日(月)浦安市の正福寺で、震災復興支援センター・浦安ボランティア活動拠点で活動する学生が東北被災地物産販売を行いました。この日正福寺ではお会式(おえしき)が行われていて境内には他にもいくつか出店しており、浦安市在住の本学校友の方の紹介で出店いたしました。

 当日の朝から雨が降っておりで午後からの催しが心配されていましたが、お昼頃からは快晴となりました。参加した学生は、応援に駆け付けていただいた本年3月に卒業した明治大学校友の方と一緒に、「いらっしゃいませ。東北の物産はいかがですか?売り上げの一部は東北の寄付金に援助します。ご家族の方へのお土産にどうぞ」と大きな声を出して販売しました。今回学生が販売した商品は、せんべい、魚介類系の加工品、甘酒などで、ご家族連れの方を中心にたくさんの方に購入していただきました。

 震災復興支援センターでは、被災地物産の販売を通して販売元の支援や寄付金への援助,そして復興支援活動を息の長いものとするよう、今後も活動を続けていきます。