Go Forward

震災等復興活動支援センター

バルドラール浦安×明治大学「クイズバルゴール」を開催しました

2013年07月08日
明治大学 震災復興支援センター

 6月23日、千葉県浦安市運動公園総合体育館で行われたフットサルリーグの試合で、フットサルチーム「バルドラール浦安」とのコラボレーション企画「クイズバルゴール」イベントを開催しました。

 浦安ボランティア活動拠点で活動する学生が、東日本大震災の影響によってスポーツ施設などが長期間使用できず、スポーツから遠ざかっていた浦安の子どもたちのために、地域に密着して活動しているバルドラール浦安に依頼し実現しました。
 「クイズバルゴール」は、主に市内の小中学生を対象として、当日の試合でゴールを予想し、スタンプをためて選手のサインやグッズなどの豪華賞品をプレゼントするという企画です。6月23日〜10月14日の全7試合を通じて開催します。

 試合当日受付には沢山の子どもたちが集まり、学生は一人一人に参加方法を説明しました。どの選手に投票しようか迷っている子どもに、人気の選手を教えたり、選手の名前と顔が分かるように携帯電話を使用して画像を見せたりしました。
 どの選手に投票しようか子どもと楽しそうに考えているご家族の方がいらっしゃったり、受付の隣に設置されたミニサッカーゴールとボーリングのピンに向かって、子どもが楽しそうにボールを蹴っていたり、イベントを盛り上げていた学生を含めて、参加した全員がとても楽しそうにしていました。

 今回、浦安市教育委員会ご協力の下、市内の全小・中学校の生徒全員に1万6千枚のチラシを配っていただきました。当日チラシを持ってきてくれた方がたくさんいて、facebookやTwitterなどのSNSが主流になっている中、紙媒体での宣伝効果があるということを改めて実感しました。

 次回の同イベントは、7月6日、千葉県浦安市運動公園総合体育館にて開催される予定です。