Go Forward

震災等復興活動支援センター

第7回バルドラール浦安×明治大学「クイズバルゴール」を開催しました

2013年10月28日
明治大学 震災復興支援センター

親子連れのお客様親子連れのお客様

当日ゴールする選手を一生懸命予想する子ども達当日ゴールする選手を一生懸命予想する子ども達

 10月14日(月)に、千葉県浦安市運動公園総合体育館で、浦安ボランティア活動拠点で活動する学生が、第7回「クイズバルゴール」イベントを開催しました。被災した浦安市を元気にしようという目的で企画した、浦安市のフットサルチーム「バルドラール浦安」とコラボレーションしたイベントです。

 主に市内の小中学生を対象として、当日開催されるフットサルの試合でのゴールを予想し、選手のサインやグッズなどの賞品をプレゼントするという企画です。6月23日~10月14日の間に開催された7試合で実施し、今回で最終回を迎えました。
 前回は平日19時試合開始に合わせて開催したため、子どもの来場者が少なかったのですが、今回は祝日の昼間の試合いうこともあり、家族連れの方も含め多くの方にイベントにご参加いただきました。参加した子どもたちは皆一生懸命に予想をしていました。継続して参加してくれる子どもも多く、対応した学生もとても楽しそうに過ごしていました。

 7試合を通して延べ400名の参加があり、イベントは無事終了しました。
「このイベントは、スポーツを通じて地域活性に繋げることを目的としています。イベントを通じて、震災後活気のなかった地域の子どもと直接触れ合うことができ、子どもたちの笑顔や、元気な様子を見られて良かったです。自分たちが思っていた以上に子どもは元気だったので、こちらが逆に元気を貰いました。これまで子どもと触れ合う機会がなかったので、触れ合えて良かったです。」と学生は話していました。

 イベント終了時には子どもが毎回飽きないような工夫がされていたかなどのアンケート調査を実施しました。この調査結果を基に、今回宣伝チラシの配布にご協力いただいた浦安市教育委員会にイベントの報告を行う予定です。