Go Forward

震災等復興活動支援センター

福島県新地町との震災復興に関する協定満了にあたって

2019年03月01日
明治大学

2017年1月震災復興に関する協定再締結の様子2017年1月震災復興に関する協定再締結の様子

夏祭り支援のための学生ボランティア派遣の様子夏祭り支援のための学生ボランティア派遣の様子

 明治大学と福島県新地町は2012年1月26日、震災復興に関する協定を締結しました。本学にとって、震災復興を目的とした自治体との協定は、初めてのことでした。 
 協定締結後は、学部間共通総合講座でのボランティア実習、被災した子供たちへの学習支援や復興を目的とした「やるしかねぇべ祭り」の運営支援など、学生が中心となって新地町の復興活動に携わってきました。同町でのボランティア活動は、学生たちに多くの学びをもたらしています。 
 新地町は、JR常磐線の運転再開(下り方面)をはじめ、住宅の高台移転、駅周辺の再開発や沿岸部の整備など、着実に復興の歩みを進めてきました。このような復興の歩みとともに、本学の支援についても、「地域コミュニティの活性化を目的とした町内行事への学生ボランティア派遣」や「地域産業の活性化を目的とした講演会への協力」など、より良い地域づくりに関わる支援活動に変わってきました。 
 2019年1月に新地町との震災復興に関する協定の満了を迎えることとなり、以後の連携について双方で協議を重ねた結果、震災復興に特化した協定ではなく、地域活性化や人材育成等を目的とした包括的な連携協定を締結することになりました。 
 これまでの新地町との実績を踏まえ、今後はさらに関係を発展させていきます。今後の連携活動については、本学の地域連携推進センターのホームページでお伝えします。