Go Forward

マーク・ケヴィン MARK Kevin

マーク・ケヴィン MARK Kevin
職格 教授
最終学歴 MA(オックスフォード大学 / マンチェスター大学)
専攻分野(研究分野) 教育哲学・英語教育

研究テーマ

教員と学生が教育をもっと楽しむことができる方法

主な担当講義

ACE ・ヨーロッパ文化論

ACEの授業では、個々に応じた自学自習をベースに、単語レベルではなく、意味を構成する単語グループ(meaningful chunks)の意識を伸ばします。英国文化についてはクリティカルにメディアを読み取ります。

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

演習

主な著書・論文

• A PARALLEL LEARNER CORPUS Using Computers in a Humanistic Approach to Language Teaching and Research. The Japanese Journal of Language in Society Vol.4 No.1
Meaningful Form-Focused Techniques for Fluent Processing and Use of Multi-Word Chunks. ICSAI May 2017 • Solving Problems. Tsurumi Shoten • A PARALLEL LEARNER CORPUS Using Computers in a Humanistic Approach to Language Teaching and Research. The Japanese Journal of Language in: Society, Vol.4 No.1 • LexiSuite (software). Momentum Education Japan


受験生・学生へのメッセージ

あなたという人間は、あなた一人しかいない。教育の目的は、そのあなた自身の才能や力を伸ばす手助けをすることです。周りの人たちからも学んで下さい。優劣は不要です。大事なことは、自分が何者であるかを知り楽しむことです。