Go Forward

【ベトナム】ベトナム国家大学ホーチミン市人文社会科学大学

国際関係学部

留学期間:8月~翌年1月 or 8月~翌年6月

ベトナム国家大学ホーチミン市人文社会科学大学の国際関係学部と2014年度学生交流協定を締結しました。当学部としては、ベトナムでの初協定校であり、アジア・太平洋地域への交流範囲の拡大につながる重要な大学です。ベトナムを中心としたASEAN地域の政治・経済・社会に強い人材、また専門家を目指すことが可能です。

応募資格

  1. GPA 2.50
  2. TOEIC 765 ー835、IELTS 6.0 ー6.5

ベトナム国家大学 ホーチミン市人文社会科学大学



ベトナム国家大学は、現在南ベトナムで最も大きな高等教育・研究大学群であり、人文社会科学大学は同大学群における中心校です。2つのキャンパスを持つ人文社会科学大学は28の学部プログラムと38の大学院プログラムを持ち、世界各国150以上の教育機関と幅広い協力関係を構築しています。ベトナム研究・ベトナム語学科を設置して積極的に留学生を受け入れる一方、日本学部を設置して日本語教育にも力を入れるなど、外国語教育を積極的に行っています。

体験談: ベトナム国家大学ホーチミン市人文社会科学大学 学部間協定プログラム

政治学科 4年 保田 光司

*本人 右から2番目 *本人 前列中央

私が留学したベトナム国家大学ホーチミン市校にはベトナム国内からトップ層の学生が多く集まっています。国際関係学部の授業は英語で実施されるものも多く、ベトナムの学生のコミュニケーション能力の高さ、語学力、思考の鋭さに驚かされます。

授業はグループディスカッション、グループプレゼンテーションを通して行われるものが多く、異文化の中で自分の力を発揮する機会に多く恵まれています。

ホーチミン市では外国企業の進出が著しく、街中では至る所に欧米企業、韓国企業、日本企業を目にすることが出来ます。授業を通して、そして街での生活を通して東南アジアの経済成長を肌で感じられるということがベトナム留学の醍醐味です。