Go Forward

【英国】ロンドンスクールオブエコノミクス・サマースクール

留学期間:6月中旬~8月中旬 (最長9週間。但し事前の語学コースと合わせると最長10週間)
*各セッションの前に1週間の英語準備コースを受講できる

ロンドンスクールオブエコノミクス(LSE)サマースクールは、1セッション3週間、3セッション合わせて9週間実施されます。毎週平日の午前中は講義、午後には少数の学生によるディスカッションのクラスがあり、3週間で計48時間の授業を受けます。大変インテンシヴなプログラム内容のため、1セッション1科目のみ受講可能です。

単位と評価

LSEサマースクールで修得した単位は、政治経済学部の類似科目への単位認定申請をすることが可能(予定)。ただし、すでに履修済みの科目での認定は不可

応募資格

  1. TOEFL iBT 107(全てのサブスコア25以上)*PBT・ITP不可
    IELTS 7.0(全てのサブスコア7.0以上)
    (英語準備コースから受講する場合IELTS 6.0)
  2. GPA 3.3

費用

最新の 政治経済学部留学促進プログラムパンフレットまたは募集要項をご覧ください。



LSEは、社会科学に特化した教育・研究機関です。ロンドン大学の所属校ですが、SOASなど他のロンドン大学所属大学同様、個別の大学として扱われています。世界トップレベルと謳われる経済学研究ともに、国際関係学・政治学・社会政策学・科学哲学などの研究レベルの高さでも知られています。また、経済学賞・平和賞を中心に、ノーベル賞受賞者を17名輩出しています。

体験談:ロンドンスクールオブエコノミクス留学プログラム

経済学科 4年 児玉 光栄



 ロンドンスクールオブエコノミクス(LSE)のサマースクールは欧州で規模が最も大きいと言われています。ロンドンの中心部に位置し、都市の中で生活しながら勉強ができます。リーディングの予習や中間/最終課題に追われる毎日ですが、ハイレベルな環境に身を置きながら、非常に多様な人種と出会うことができました。また、語学力の良し悪しに係わらず、論理的思考力や感性を兼ね備えた人物がいかに価値のある存在かを知る機会となりました。今後はLSEでの経験を活かして、アカデミアのキャリアもしくは国際貢献ができるビジネスに身を置きたいと思います。