Go Forward

【英国】ロンドンスクール オブ エコノミクス アンド ポリティカルサイエンス・サマースクール

留学期間:6月中旬~8月中旬 (最長9週間。但し事前の語学コースと合わせると最長10週間)
*各セッションの前に1週間の英語準備コースを受講できる

ロンドンスクール オブ エコノミクス アンド ポリティカルサイエンス(LSE)サマースクールは、1セッション3週間、3セッション合わせて9週間実施されます。毎週平日の午前中は講義、午後には少数の学生によるディスカッションのクラスがあり、3週間で計48時間の授業を受けます。大変インテンシヴなプログラム内容のため、1セッション1科目のみ受講可能です。

単位と評価

LSEサマースクールで修得した単位は、政治経済学部の類似科目への単位認定申請をすることが可能(予定)。ただし、すでに履修済みの科目での認定は不可

応募資格

  1. TOEFL iBT 107(全てのサブスコア25以上)*PBT・ITP不可
    IELTS 7.0(全てのサブスコア7.0以上)
    (英語準備コースから受講する場合IELTS 6.0)
  2. GPA 3.3

費用

最新の 政治経済学部留学プログラムパンフレットまたは募集要項をご覧ください。

ロンドンスクールオブエコノミクス



LSEは、社会科学に特化した教育・研究機関です。ロンドン大学の所属校ですが、SOASなど他のロンドン大学所属大学同様、個別の大学として扱われています。世界トップレベルと謳われる経済学研究ともに、国際関係学・政治学・社会政策学・科学哲学などの研究レベルの高さでも知られています。また、経済学賞・平和賞を中心に、ノーベル賞受賞者を17名輩出しています。

体験談:ロンドンスクール オブ エコノミクス アンド ポリティカルサイエンス留学プログラム

政治学科 4年 川北 啓太



LSEは社会科学の分野において世界で5本の指に数えられる大学です。今年LSEサマースクールには全体の約5割を占めるアメリカからの学生を中心に、世界100カ国以上から、約8000人の学生が参加しました。私は、アメリカ外交、国際関係におけるパワーシフト、開発学の3科目を履修しました。私の留学の目的は、卒業後もこの学問分野に進学するだけの興味、そして本当にやっていける能力があるのかを確かめることだったので、全力で勉強しました。そこで私は、時間をかけてでも人の2倍は取り組むことが私にとっては大切だと改めて感じました。卒業後は、英米の大学院に進学したいと考えています。LSEで勉強できる機会は滅多にないので、社会科学を深く勉強したい学生には是非参加してほしいです。