Go Forward

【フランス】リヨン政治学院 留学プログラム

留学期間:2月初旬~4月下旬(13週間)

エリート養成校として知られるフランスの社会科学系グランゼコールの1校、リヨン政治学院に留学するプログラムを2012年度より実施しています。
2月初旬より約13週間、リヨン政治学院が英語で実施する正規コースを受講し、同学院の正規学生やヨーロッパ、アフリカ他各国から参加した学生とともに、単位修得を目指します。合わせて、フランス語コースにも参加するため、フランス語力を身につけることもできます。プログラム終了後、リヨン政治学院から認定証が送られます。

講義内容

  • 全体テーマ
    France and Europe in the World: Governance, Institution and Culture
  • 科目パッケージ
    Package 1: Politics: French and Europe an politics, institutions,election systems
    Package 2: Urban studies: French and European metropolitan areas,urban policies, international perspectives
    Package 3: Area studies( geopolitical, economical, cultural aspects)週24時間
  • フランス語講座
    週8時間

単位と評価

リヨン政治学院で修得した単位は、政治経済学部の類似科目への単位認定申請をすることが可能。ただし、すでに履修済みの科目での認定は不可。

募集人数

5~10名程度(政治経済学部生)

応募資格



  1. 留学時に原則1 ~ 3年生
  2. TOEIC 700( 学内IPテストを含む)またはこれ相応の語学力

*フランス語能力は問わない

費用〈2016年度参考〉

約80万円(授業料、航空券代、住居費等込み)
*明治大学外国留学奨励助成金申請可

体験談:リヨン政治学院留学プログラム

政治学科 3年 石川 雄介

*本人 左

リヨン政治学院では3 ヶ月間、ヨーロッパの政治史を中心に勉強をしました。イギリスの安全保障、ナショナリズムの歴史など日本ではなかなか学べない興味深い内容ばかりでした。また、勉強のみならず、ヨーロッパを中心に様々な国から来ている留学生との交流、週末を使った海外旅行等の経験はとても刺激的でした。

短期留学よりは長く留学をしてみたい人のみならず、UC Berkeleyをはじめとしたサマーセッションや長期留学につなげたいと思う人にとってもオススメのプログラムだと思います。