Go Forward

短期受入プログラム

山中セミナーハウス合宿 国会見学 フェアウェルパーティー

 政治経済学部では、米国、オーストラリア、アジア諸国の協定校から数週間にわたって留学生を受入れる
「短期受 入プログラム」を毎年実施しています。
 プログラム期間中には、本学部の教員が中心となり、政治学・経済学・社会学等 の専門分野に関する講義を
英語で実施し、短期留学生に学びの場を提供しています。
 また、「The Supporters」メンバーが各プログラムの期間中に留学生を勉強面や生活面でのサポートを行っております。
授業以外にも、学外施設の視察や本学のセミナーハ ウス(山中・清里)での合同合宿なども全プログラムで実施し、
留学生・The Supportersの双方にとって、貴重な交流の機会となっています。







■The Supporters 新規委員募集中!
 詳細は、こちらを参照ください。

 

2021年度の実施状況

ノースイースタン大学(米国)短期受入プログラム

先方都合により中止

ノースイースタン大学における夏期短期留学プログラム「Dialogue of Civilizations(文明との対話)」の一つとして2008年度に初めて実施された本プログラムは、同大学内の50に及ぶ留学先の中で最も人気の高いプログラムの一つとなっています。

本プログラムでは、同大学の引率教員によって設定された研究課題に従って、政治経済学部の教員が中心となって、英語に よる専門講義を行います。授業外では、「留学生サポーター」が短期留学生のリサーチを側面からサポートします。また、来日後の最初の週末には、本学のセミナーハウスで、留学生サポーターとともに研究課題に沿った報告、討論を行います。

さらに、留学生は、社会視察の一環として京都もプログラム期間中に訪問しています。



プログラム概要(2019年度参考)

  • レセプション : 5月6日(水)
  • 合宿: 5月8日(金)~5月10日(日)
  • フェアウェルパーティー : 5月29日(火)
  • その他
    • 政治経済学部教員を中心に、専門科目の特別講義(英語)を14コマ受講
    • 国会、米国大使館等、政治経済関連諸施設を訪問
    • 江戸東京博物館、浅草など東京ならびに東京近郊の観光スポットを訪問
    • プロ野球、大相撲等を観戦

南カリフォルニア大学(米国)短期受入プログラム

先方都合により中止

南カリフォルニア大学からの短期留学生の受入れは、2010年度にスタートしました。南カリフォルニア大学は1880年創立で、全米大学総合ランキングで上位につけ、世界大学ランキングでも常にベスト100以内にランクイン。スポーツでも大変優秀な成績を残しており、オリンピックの金メダリストを多数輩出しています。

同大学のEast Asian Studies Center (EASC)が毎年夏期に数週間、日本、中国、韓国に留学する派遣プログラムにおいて、日本でホストとなっているのが政治経済学部です。短期留学生は、引率教員、本学部教員から英語による専門講義を受けるとともに、日米文化への理解を深めます。

また、本学セミナーハウスにおいて、「留学生サポーター」との交流やディスカッション等も行います。



プログラム概要(2019年度参考)

  • レセプション : 6月1日(月)
  • 合宿 : 6月5日(金)~ 6月7日(日)
  • フェアウェルパーティー : 6月12日(金)
  • その他
    • 政治経済学部教員を中心に、専門科目の特別講義(英語)を数コマ受講
    • サポーター学生とともに浅草、渋谷など都内の観光スポットを訪問

アジア太平洋諸大学・西シドニー大学(豪州) 短期受入共同プログラム

広くアジア太平洋の協定校から短期留学生と、西シドニー大学からの短期留学生と同時期に受入れて実施する共同プログラムを、2017年度より実施しています。各大学からの短期留学生は、共同で本学教員から特別講義を受けるとともに、「留学生サポーター」とセミナーハウス他で交流を行います。アジア太平洋地域の異なる文化への理解を深めながら、学生交流できるプログラムとなりました。

※2021 年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を考慮し、オンラインで短期受入プログラムを実施します。

【プログラム概要】

  • レセプション
  • 合宿
  • フェアウェルパーティー
  • その他
    • 政治経済学部教員を中心に、専門科目の特別講義(英語)を11コマ受講
    • 国会議事堂等、政治経済関連諸施設を訪問
    • サポーター学生とともに浅草、渋谷、お台場など都内の観光スポットを訪問

アジア太平洋諸大学短期受入プログラム

2021年度は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を考慮し、オンラインプログラムとして実施します。
オンライン短期受入プログラム実施期間:7月1日(木)~7月10日(土)



タイ短期受入プログラムを発展させ、アジア太平洋の各協定校から学生を受け入れるプログラムとなりました。日本とアジア太平洋地域の政治、経済、社会に関する専門講義を、本学教員を中心に英語で受講するとともに、留学生サポーターと本学セミナーハウスで合宿を行います。国会訪問や東京証券取引所訪問等、日本の政治経済、歴史を理解できるプログラムです。

日程(2019年度参考)

  • レセプション:6月22日(月)
  • 合宿 :6月26日(金)~6月28日(日)
  • フェアウェルパーティー:7月10日(金)

西シドニー大学短期受入プログラム

2021年度はアジア太平洋諸大学短期受入プログラムに含めて実施します



2013年度にスタートした短期派遣プログラムに続き、2015年度から西シドニー大学からの短期受入が始まり、相互派遣プログラムになりました。受入プログラムでは、日本の国際関係などに関する専門講義を受講します。本学セミナーハウスでのディスカッションなど留学生サポーターとの交流を盛んに行うとともに、東京証券取引所、国会など日本の政治経済に関わる施設の見学や鎌倉等の視察を行います。

日程(2019年度参考)

  • レセプション:6月29日(月)
  • 合宿 :7月3日(金)~7月5日(日)
  • フェアウェルパーティー:7月10日(金)