Go Forward

政治経済学部では、明治大学の学内でも、国際交流や留学体験、語学力向上のためのプログラムを多く実施しています。

学内プログラムでは、海外から受け入れた留学生のサポートを通じた国際交流・相互理解の機会や、海外大学のトップスクールから招いた客員教員による英語で行う授業を通じた留学体験、留学や英語を使って働ける英語力をつけるためのプログラムを提供しています。

多くの学生がこれらの学内プログラムへの参加をきっかけに短期留学や長期留学に挑戦しており、また、グローバル企業への就職を果たしています。

(1)留学生サポーター制度・留学生短期受入プログラム





政治経済学部では、米国・オーストラリア・アジア諸国の協定校から短期留学生を受け入れる「 短期受入プログラム」を毎年実施しています。この短期受入プログラムで来日する短期留学生を、日常的にサポートするのが「 留学生サポーター制度」です。

短期留学生と寝食を共にしながら行う山中セミナーハウス合宿や、日々の学習支援や生活のサポートの経験を通じて、同世代の学生と相互に異文化理解を深める機会となっています。このサポーター制度への参加をきっかけに、海外短期留学プログラムや、サマーセッションプログラム、長期の協定留学等に踏み出す学生が多くいます。

実施の様子はこちらをご覧ください。
・ノースイースタン大学短期受入プログラム
・南カリフォルニア大学短期受入プログラム
・アジア太平洋・西シドニー大学共同短期受入プログラム

(2)トップスクールセミナー(英語で行う授業科目)



明治大学にいながら国内留学体験できるのが「 トップスクールセミナー」です。

政治経済学部では、世界各国の「トップスクール」と呼ばれる海外大学から教員・研究者を、客員教員・特任教員として招いています。各教員は政治学・経済学・社会学・行政学・歴史学といった専門分野の講義を英語で実施します。これにより、学生は明治大学にいながら、特別な費用をかけずに海外大学の授業を体験でき、英語力を磨くだけではなく、専門分野に対する興味や視野を広げることができます。

トップスクールセミナーは次のような方にお勧めです。
・将来的に留学に行きたいけれど、いきなりの海外生活は不安・・・
・長期留学は経済的に難しいけれど、留学体験をしたい!
・留学が決定したので、渡航前に英語力・実践力を磨きたい!
・ネイティブ教員による英語の授業をたくさん受講したい!

(3)実践的英語力強化プログラム(カランメソッド・ACEプログラム)

政治経済学部では、将来の留学やグローバルキャリアに向けて英語力を強化するプログラムを実施しています。

カランメソッド」は、ヨーロッパ最大の語学学校「CALLAN SCHOOL」が開発したカランメソッドを活用したオンライン型の英会話学習です。2012年度に政治経済学部に試験的に導入されてから、多くの学生のTOEICスコアが向上しました。

学部独自の「 ACEプログラム」では、通常の英語クラストは別に設けられた英語力向上のための実践的なプログラムです。数年後に、留学や英語必要とする職業に就くために、自信を持てるレベルに達するための努力をしている多くの学生が参加しています。