Go Forward

【アメリカ】ノースイースタン大学 短期留学プログラム(相互派遣)

留学期間:8月初旬~8月下旬(約3週間)

ノースイースタン大学の学生と一緒に ノースイースタン大学での授業風景

政治経済学部では、毎年1,000人以上の学生を海外に派遣しているノースイースタン大学の国際交流プログラム「Dialogue of Civilizations(文明との対話)」 - 専任教員引率の下、20名前後の学生が1か月程度、特定の研究課題を海外で勉強し、単位を修得する - の一環として、2008年度に短期留学生の受入れを実施しました。また、その翌年2009年度に政治経済学部生の派遣を開始して以来、毎年学生の相互派遣を実施しています。

派遣プログラムにおいては、ボストンにある同大学に2 〜3週間滞在しながら、ノースイースタン大学教員による特別講義を18コマ程度受講した後、ワシントンDCに立ち寄り、アメリカン大学、在米日本大使館、世界銀行といった政府機関や高等教育機関などを視察します。ノースイースタン大学では、現地学生との交流も積極的に行われます。

【ノースイースタン大学特別講義一例】
2018年度特別講義一覧(年度により担当教員や分野が変わることがあります)

テーマ

単なる語学研修ではなく、英語をメディアとして、米国社会及び国際社会における米国の地位、日本との関係などに関して学び、議論することを目的とする

特長

ボストンでは主にNU学生寮に滞在
ワシントンDCではホテルに滞在
ノースイースタン大で同大学教員による専門科目の特別講義を英語で受講
ボストン、ワシントンDCで歴史的建造物や政治経済関連諸施設等を見学

事前講座

6月に2日間、計4コマ実施
渡航に関するオリエンテーションを2回実施
 

留学時講義内容

US Foreign Policy,
The Founding of the US and its Relevance,
Current Policy Issues in the US,
Immigration ほか合計6教科×3コマ受講

ノースイースタン大学特別講義リスト(2018年度) ※年度により変更あり

講義以外のプログラム(参考)

(1)マサチューセッツ州議事堂【Boston】 
(2)ハーバード大学【Boston】
(3)Fenway Park(Red Soxホームスタジアム)見学【Boston】 
(6)日本大使館【ワシントンD.C.】
(7)世界銀行【ワシントンD.C.】  他

単位と評価

帰国後、最終レポートを提出、プレゼンテーションの予定
(1)事前講座 (2)短期留学 (3)最終レポート&プレゼンテーション
をセットとして、C以上の評価の場合には4単位を付与

  • 政治経済学部生:科目名称は「海外留学演習I・II」を予定。単位はGPAに含まれる
    *他の「海外留学演習」に参加済みの場合は卒業要件外となる可能性あり、政治経済学部事務室に要確認
  • 他学部生:各学部で要確認

応募資格

募集人数:約20名(政治経済学部生中心。他学部からも若干名)
※ 最少催行人数10名。募集選考の結果,9名以下となった場合はプログラムの実施は中止します。

応募資格:1 ~ 4年生で、以下のいずれかの条件を満たす者
(1)TOEIC 550
(2)TOEFL iBT 61・CBT 173・PBT 500
※ 上記の試験の点数を満たしていない場合,英検2級でも応募可能。
※ 英語能力試験の有効期限は,高校入学以降に受験したもの。
※ 年度によって内容が変更となる場合があります。

ノースイースタン大学



ノースイースタン大学は、国際化と実験的教育をスローガンに掲げ、ここ数年で全米での大学ランキング(US News & World Report)を急上昇させている大学です(2016年度全米39位)。また「コープ」(Co-op)と呼ばれる、半期間、原則有給でインターンシップに参加し、かつ単位化もされるプログラムの実施による就職実績でも、全米で高く評価されています。なお、ノースイースタン大学は、政治経済学部との相互派遣交流の実施が高く評価され、米国で国際化の進んだ大学数校に送られる Senator Paul Simon Awardを受賞しました。

体験談:ノースイースタン大学 短期留学プログラム

経済学科 2年 小林 花凛



5月に参加した山中合宿で、自己表現が上手なアメリカの大学生が羨ましくて、この短期留学に挑戦しました。教授との距離が近く、インタラクティブでアメリカの政治や経済、社会問題について学ぶことのできた授業や、日本では足を運んだことすらなかった博物館や美術館で得た感動、絵画が与えてくれる魅力を肌で感じました。たったの19日間の経験でしたが、自分と向き合い将来について真剣に考えられた19日間でした。今回得た経験を長期留学にも生かしていきたいです!