Go Forward

【インドネシア】インドネシア大学 短期留学プログラム(相互派遣)

留学期間:8月下旬~9月中旬(約2週間)

2017年度から新たに始まる短期派遣プログラムです。現代インドネシアについて、政治、経済、社会、法律、メディアといった様々な側面から英語で学ぶことができる一方、初歩から学べるインドネシア語、またインドネシア社会を理解するエクスカーションも数々あります。インドネシア大学生との交流の機会もあり、インドネシアの「今」を学ぶことができます。インドネシア大学のある首都近郊で過ごした後には、バリ島等にも滞在し、多民族、多宗教国家であるインドネシアを体感することができます。

テーマ

東南アジア等で活躍できる「グローバル人材」の育成を目指す

特長

  • インドネシア大学内の寮に滞在
  • 英語による特別講義を受講
  • 初歩のインドネシア語を学ぶ
  • 現地学生との英語による交流
  • インドネシア社会を知るエクスカーション
  • バリ島等訪問予定

事前講座

  • インドネシアの政治経済、文化を中心に6・7月に2日間計4コマ実施
  • 渡航に関するオリエンテーションを2回実施

留学時講義内容

  • インドネシアの政治・民主化
  • インドネシアの経済
  • インドネシア社会
  • インドネシアのメディア 他

単位と評価(予定)

帰国後、最終レポートを提出
(1)事前講座 (2)短期留学 (3)最終レポートを
セットとして、C以上の評価の場合には4単位を付与

  • 政治経済学部生:科目名称は「海外留学演習I」を予定。単位はGPAに含まれる
    *他の「海外留学演習」に参加済みの場合は卒業要件外となる可能性あり、政治経済学部事務室に要確認
  • 他学部生:各学部で要確認

応募資格

  • 募集人数:15名(政治経済学部生中心。ほか学部からも若干名)
  • 応募資格:1~4年生で、以下のいずれかの条件を満たす者
    (1)TOEIC 550
    (2)TOEFL iBT 61・CBT 173・PBT 500

*インドネシア語能力は問わない

インドネシア大学





ジャカルタ及び西ジャワ州デポックにキャンパスを持つ国立大学です。14の学部を持ち、インドネシア最高峰として知られる総合大学で、インドネシアの政財界、医学など様々な分野に多数かつ多様な人材を輩出しています。APRU(Association of Pacific Rim University)、AUN(ASEAN University Network)など、環太平洋地域およびASEAN地域の大学連合に所属し、その代表的な存在として国際ネットワークの構築に積極的に携わっています。

交換留学を実施するのはデポックキャンパスとなります。

今後さらなる経済的発展が見込まれるASEAN地域での大学間ネットワークを広げる中で、2014年度に協定を締結したペトラクリスチャン大学に加え、インドネシアのもう一つの拠点大学となります。