Go Forward

【ベトナム】ベトナム短期留学プログラム(相互派遣)

留学期間:2月中旬~3月中旬(約4週間)

修了式の様子 伝統衣装体験

東南アジア、特にベトナムに強い「グローバル人材」育成を目指して、2015年度より実施しているプログラムです。主にベトナム国家大学ホーチミン市社会人文科学大学及びハノイ人文科学大学にて、ベトナムならびに近隣諸国の政治・経済・社会・歴史に関する特別講義を英語で受講します。また、政治の中心である首都ハノイにも訪問し、経済の中心であるホーチミンとの比較も行います。協定校の学生との交流が可能なほか、ベトナムにある日系企業や国際機関を訪問したり、歴史的な地区を視察したりといった授業以外の活動も充実しています。近年日本との交易もさらに盛んになり、1,200社を超える日系企業が進出している社会主義国家ベトナムの「今」を理解するプログラムです。

テーマ

ベトナム、東南アジア等で活躍できる「グローバル人材」の育成を目指す

特長

ホーチミン市校、ハノイ校大学教員を中心に、英語による特別講義を受講
現地学生との交流
各業種のベトナム進出企業、日本大使館など訪問
ホーチミン・ハノイ市内視察 など

※年度により訪問先が変更になる可能性があります。詳細は当該年度の募集要項を確認してください。

事前講座

ベトナムの政治経済、ASEAN関係を中心に、11~ 2月に2日間計4コマ分実施
渡航に関するオリエンテーションを2回実施
 

留学時講義内容

ベトナムの政治・経済
ベトナムの社会
ASEAN関係
日本とベトナムの関係 他

講義以外のプログラム(参考)

JICA 在ベトナム事務所訪問
日系企業訪問
孤児院・戦争記念博物館訪問
ベトナム社会科学院視察 他

※年度によって内容が変更となる場合があります。

単位と評価

帰国後に最終レポートを提出
(1)事前講座 (2)短期留学 (3)最終レポート
をセットとして、C以上の評価の場合には4単位を付与

  • 政治経済学部生:科目名称は「海外留学演習I・I I」を予定。単位はGPAに含まれる
    *他の「海外留学演習」に参加済みの場合は卒業要件外となる可能性あるため、政治経済学部事務室に要確認
  • 他学部生:所属学部で要確認

応募資格

募集人数:約20名(政治経済学部学生中心。他学部からも若干名)
※ 最少催行人数10名。募集選考の結果,9名以下となった場合はプログラムの実施は中止します。

応募資格
:1~ 4年生で、以下のいずれかの条件を満たす者
*4年生の参加も可能だが、実施時期(2 ~ 3月)の関係から、当該年度の3月に卒業予定の場合は単位付与なし
(1)TOEIC 550
(2)TOEFL iBT 61・CBT 173・PBT 500
※ 上記の試験の点数を満たしていない場合,英検2級でも応募可能。
※ 英語能力試験の有効期限は,高校入学以降に受験したもの。
※ ベトナム語能力は問わない。
※ 年度によって内容が変更となる場合があります。

体験談:ベトナム短期留学プログラム

政治学科 3年 重冨 克徳

*本人 中央

 

このプログラムではベトナムの協定大学にて言語・経済・社会について学びました。現地学生と活発に交流し、現在でも良い関係が継続しています。また、日本企業訪問・日本大使館見学にて海外で活躍される日本人のお話を聞き、多くの学生が海外で働くことに関心を持ちました。このプログラムを経て、異国で長期生活することへの不安はなくなり、発展が著しい東南アジアにさらに滞在し、もっと深くベトナム社会を知りたいと考えるようになりました。