Go Forward

【オーストラリア】西シドニー大学 短期留学プログラム(相互派遣)

留学期間:2月上旬~3月上旬(約4週間)

西シドニー大学キャンパス内にて 授業風景

本学の大学間協定校である、オーストラリア・シドニーにある西シドニー大学パラマッタキャンパスで、アジア太平洋地域の国際関係、オーストラリアの政治経済、日豪関係、アジアの政治経済を中心に学ぶプログラムです。西シドニー大学の専任教員による特別授業を受講します。英語で専門科目を受講することで、英語力のみならず、アジア太平洋地域との経済的結びつきを重視するオーストラリアへの見識の深い「グローバル人材」を育成していきます。

テーマ

単なる語学研修ではなく、英語をメディアとして、オーストラリア社会及び国際社会における米国の地位、日本との関係などに関して学び、議論することを目的としている

特長

西シドニー大学パラマッタキャンパスでは、大学寮に滞在
人文コミュニケーション学部教員による、英語による特別講義を12コマ程度受講
シドニー近辺を視察するウォーキングツアーを多数実施
アジア太平洋サークルに所属する学生達との交流を実施
在シドニー日本大使館など政治経済関連施設を視察

事前講座

オーストラリアの政治経済、日豪関係を中心に、11・12月に2日間計4コマ分実施
渡航に関するオリエンテーションを2回実施
 

留学時講義内容(メインテーマ)

Australia and Japan
The Asian Century
Politics of Australia – Asia Relations
 

単位と評価

帰国後に最終レポートを提出
(1)事前講座 (2)短期留学 (3)最終レポート
をセットとして、C以上の評価の場合には4単位を付与

政治経済学部生:科目名称は「海外留学演習I・II」を予定。単位はGPAに含まれる
*他の「海外留学演習」に参加済みの場合は卒業要件外となる可能性があるため、政治経済学部事務室に要確認
他学部生:所属学部で要確認

応募資格


募集人数:
約20名(政治経済学部生中心。他学部からも若干名)
※ 最少催行人数10名。募集選考の結果,9名以下となった場合はプログラムの実施は中止します。

応募資格:
1 ~ 4年生で、以下のいずれかの条件を満たす者
*4年生も参加可能。ただし、実施時期(2 ~ 3月)の関係から、当該年度の3月に卒業予定の場合は単位付与なし。
(1)TOEIC 550
(2)TOEFL iBT 61・CBT 173・PBT 500
※ 上記の試験の点数を満たしていない場合,英検2級でも応募可能。
※ 英語能力試験の有効期限は,高校入学以降に受験したもの。
※ 年度によって内容が変更となる場合があります。

西シドニー大学



シドニー郊外に6つのキャンパスをもつ公立大学で、大学・大学院を合わせて100以上のコースを開講しています。総学生数は31,000人を超える、オーストラリアで8番目に規模の大きい大学であり、また、毎年世界70か国以上から留学生応募のある、国際的に認知度の高い大学で、入学後の留学生ケア、学内情報の提供など、サポート体制が充実しています。

短期留学プログラムの他、明治大学と西シドニー大学のそれぞれの学士号が取得取得できる「ダブルディグリープログラム」も設けています。

体験談:西シドニー大学短期留学プログラム

経済学科 3年 青木 裕雅

*本人 左

この短期留学プログラムでは、オーストラリアの内情や日豪関係についての課題や授業、グループプレゼンを毎週行いました。日本大好きな現地の学生が常に積極的にサポートしてくれたため、大変なことはなく、毎週末彼らがシドニーを案内してくれたので非常に楽しく過ごせました。また、多文化主義であるため、学生も様々なバックグラウンドを持っており、日本では考えられないほど、視野を広げることができました。留学とはどういうものか、異文化理解とは何なのかを知る絶好の機会だと思います。ぜひ一度、体験してみてください。