Go Forward

【英国】ケンブリッジ大学ICE 短期留学プログラム(引率なし型)

留学期間:8月上旬(2週間)





ケンブリッジ大学は世界で最古の大学の一つに数えられ、ヨーロッパ中世以降、現代に至るまで世界の学問の中心地の一つであり続けてきた大学です。長年にわたって集積されてきたその「知」を広く外の世界と共有することを目的として設立されたInstitute of Continuing Education(ICE)が、1923年から実施しているサマープログラムがInternational Summer Schools (Programmes) です。同プログラムは世界で最古のサマースクールとして毎年世界中から多くの参加者を集めています。

政治経済学部ではICEサマープログラムの内、8月上旬に開始する第三ターム(2週間)のInterdisciplinary Summer Programmeに学生を派遣します。

 

プログラム内容

Interdisciplinary Summer Programmeでは、1ターム(2週間)につきGroup A(9:00~10:15)・B(11:45~ 13:00)・C(14:00~15:15)からそれぞれ授業を1科目(合計3科目)選択して受講します。各Groupには5~6科目が設置されており、学生の専攻分野や興味に合わせて選択可能です。また、これらの選択科目に加え、共通テーマによる講演会(Series of plenary lectures)や、夕刻講演会(Evening talks)も受講します。その他、アクティビティにも参加可能です。政治経済学部生で本プログラムに参加する場合は、 ICEの指示に従って、事前登録の上、コースの修了後1週間以内に、レポート(2,000~3,000words)の提出が必要となります。

※年度により各タームの開講コースが異なります。必ず、留学を希望する年度の協定校ホームページやパンフレットを確認してください。

【参考】
ケンブリッジ大学ICEインターナショナルサマープログラム公式Video

事前講座

留学開始前に、本学においてプログラム担当教員による「事前講座」を受講し、留学に関する事項や現地の社会・経済・政治等に関する基礎知識を身に付け、留学準備を行う。
※事前講座の他に、別途出願・渡航に関するオリエンテーション1回あり。
 

留学時講義内容

政治・経済・歴史学等
※年度により開講されるコースが異なるため、当該年度の協定校ホームページを確認すること。

単位と評価

・(1)事前講座 、(2)短期留学、(3)留学先大学が発行する成績証明書の3点を評価対象とし、合格者には「海外留学演習(Ⅰ~Ⅳ)」の内、1 Block/Termにつき2単位を当該年度に付与します。

・帰国後のTOEIC試験の受験も必須です。
 

募集人数・応募資格

(1)募集人数
派遣上限人数なし

(2)応募資格
■語学要件:TOEFL iBT 92以上(すべてのサブスコアが22以上),IELTS 6.5以上(すべてのサブスコアが6.5以上)
■GPA要件:なし