商学部

在学生向け

関連情報

浅賀ゼミナール  バイオテクノロジーとバイオビジネス

教授  浅賀 宏昭

研究内容

 この演習室では,国内外で多方面に利用されている(されつつある)バイオテクノロジーを中心に学びます。同時に,それらの産業化やビジネスについても調べますので,関連した生命倫理や法律等について学習することもあります。対象とする学問領域は学際的で非常に広く,ここに全て記述することは紙面の都合で難しいため,以下にKey wordsを多めに記しますので,参考にしてください。
Key words:バイオ医薬品,バイオ化粧品,ゲノム創薬,バイオバンク,遺伝子検査,DNA鑑定,テーラーメイド医療(個別化医療),再生医療,iPS細胞,人工臓器,サプリメント,特定保健用食品,機能性表示食品,植物工場,遺伝子組換え作物,クローン動物,アンチエイジング,発酵・醸造,バイオマスエネルギー

ゼミの進め方

≪2年次≫【基礎力養成】

 春学期は,基礎知識習得と,調査,研究,発表の技法を実践的に学びます。大まかなテーマも決めます。秋学期は,これらに引き続き,論文の書き方も学び始め,テーマを絞っていきます。

≪3年次≫【応用・展開】

 春学期は,論文執筆にやや重点を置き,実習(実験)も行うことがあります。秋学期は,論文を書くことにさらに重点を置いて活動し,論文の完成を目指します。

≪4年次≫【集約・発信】

 春学期は,個人論文が完成していない学生はそれを継続し,書きあげたゼミ生はグループ研究またはプロジェクト研究を開始し,各々それらの完成を目指します。秋学期は,総仕上げの期間として位置づけ,余裕のあるゼミ生は学外への積極的な発信を目指します。
 なお,合宿は,年に一度,3学年合同で夏に行います。このほか,授業内外の時間に学外の図書館(国会図書館など),セミナー,講演会,展示会などに行くこともあります。

「総合学際演習(ゼミ)一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.