Go Forward

瀧口ゼミナール  西洋美術史入門

研究内容

 このゼミでは第一に,作品を前に,何をどう見ればよいのかというポイントを学びます。それらを手がかりとして,作品との対話を深めていきます。自分の感性を存分に働かせて作品と向き合う時,自分の中から予想もしなかったことばが引きだされます。また,同じ作品を他の人はいったいどのように見るのか,ということに耳を傾けることによって,作品の見方はさらに深まっていきます。このゼミでは,毎回画像を使用し,今まで見たこともなかったような作品,有名だけれども意識してよく見たことがなかった作品を,ていねいに見ていきます。2年次春学期には、各自好きな作品を取り上げて,短いプレゼンテーションの練習をします。2年次の夏休みには,実際に美術館を訪れて,各自が作品を選び,レポートを書きます。2年次秋学期には,レポートに基づくプレゼンテーションを行います。3年次春学期は,作品がいつ・どこで・誰によって・何のために作られたのかという点に注目し,作品を歴史の中に位置づけていきます。このような体験から,自分らしい作品の見方を見つけ出してください。

ゼミの進め方

≪2年次≫

 春学期は,作品の見方について,基本的な学習を行うとともに,毎回,担当教員が与える課題について,話し合いを行います。
 夏休みには,実際に美術館を訪れて,各自が作品を選び,レポートを書きます。秋学期には,レポートに基づくプレゼンテーションを行ないます。合宿は行わない予定です。

≪3年次≫

 春学期,秋学期ともに,具体的なテーマを設定して個人研究を行い,ゼミにおいて成果を発表します。合宿は行わない予定です。

≪4年次≫

 課題レポート作成の指導を個別に行ないます。秋学期には,レポートに基づくプレゼンテーションを行ないます。合宿は行わない予定です。