Go Forward

小川ゼミナール マーケティングとロジスティクスの現代的意義および将来像

研究内容

 ゼミナールでの活動を通じて, マーケティング,流通ならびに経営戦略,ロジスティクスやサプライチェーン・マネジメントについて「学習」し,社会で「実践」し,「研究」成果のとりまとめをする。プロゼミの授業では,理論的かつ学術的な学習や研究を重視するとともに,実際の企業活動や社会の動きに合わせた実践的な分析や企画提案活動も取り入れ,ゼミでの研究活動を通じて,いずれ社会人に出た際に有力な人材として活躍しうる素地を形成するよう指導する。

ゼミの進め方

≪2年次≫

基本的なテキストによる討議や,研究発表などの方法による,3年間のゼミナール活動の基礎となる『学習』期間とする。文献資料による分析の方法、研究論文の作成についても指導する。

ゼミの進め方

≪3年次≫

テキストや論文による文献研究に加え,企業との連携によるマーケティング実践,地域開発など,グループ単位でのケーススタディやフィールドワークを取り入れた『実践』的なゼミ活動も行う予定。理論と実践の両面から先端的なマーケティングの本質を究明する。

ゼミの進め方

≪4年次≫

卒業論文の作成に向けた,ゼミにおける『研究』期間と位置付ける。研究テーマの決定,徹底的な文献研究,ゼミ生相互のディスカション,資料やデータの収集分析,論文の構成などを指導する。