Go Forward

恩田ゼミナール  都市・地域交通の現状・歴史分析——社会に必要とされる交通のあり方を学ぶ——

研究内容

みなさんの多くは“都市交通”や“地域交通”と聞くと、電車・地下鉄、自動車を思い起こすと思いますが、それだけでなく自転車や歩行者についても考慮する必要があります。近年では日本を含めた世界各国の各都市・地域において地球環境に配慮しつつ人々がより安全かつ便利に移動できるような仕組みを作り上げています。
今日では成功例として知られていても、過去を振り返って検証すると課題発見→解決を繰り返してより良い仕組みを構築したところは少なくありません。当演習では文献や資料を読解することで、都市・地域交通の論点を事例に即して考究していきます。

ゼミの進め方

≪2年次≫

春学期は、基本文献の読解を通じて、基礎的な知識を習得し、発表・議論に慣れてもらう。
秋学期は、春学期の内容に加えて、担当教員が指示した課題について議論し、レポートを作成する。
合宿:夏季休暇中と春季休暇中に実施する予定。

≪3年次≫

春学期は、具体的なテーマを対象として、グループ研究を行う。
秋学期は、具体的なテーマを対象として、個人研究を行う。
合宿:夏季休暇中に実施する予定。

≪4年次≫

春学期は、具体的なテーマを対象として、卒業論文を意識した個人研究を行う。
秋学期は、卒業論文の執筆と指導を行う。
合宿:実施しない予定。