Go Forward

福田康典ゼミナール  マーケティング研究

研究内容

 皆さんは毎日,数え切れないほどの広告やプロモーション・キャンペーンに接触し,その時々の欲望やより長期的なビジョンの達成のために,様々な製品・サービスを購入しています。一方,アルバイトなどを通じて売り手という立場から製品やサービスの売り買いに関与している人も少なくないでしょう。こういった日々の経験は,交換現象を主たる分析対象とするマーケティングの具体的断片なのです。  本演習室は,こういったマーケティングに関する具体的・断片的な知識を抽象的・全体的なマーケティング知識体系の中にいったん組み込み,それを基に再度具体化していくという作業を繰り返し行い,その知識をヨリ深くまた有用性の高い形でマスターしていく場です。したがって,受動的に与えられたタスクをこなしていくという姿勢ではなく,様々な情報源(自分の生活,アルバイト,新聞や雑誌など)を常に活用し,積極的に自分の理解したいマーケティング現象を模索していくという姿勢が必要となります。
 

ゼミの進め方

≪2年次≫

 受け皿となる理論的知識を習得するとともに,それに関連する具体的事例を議論することが中心となります。合宿(春季休暇中、夏季休暇中)を実施する予定。

≪3年次≫

 学内外で募集される論文へ応募するための準備を整え,最終的には共同研究論文という形で研究成果を発表してもらいます。合宿(春季休暇中、夏季休暇中)を実施する予定。

≪4年次≫

 これまでに学んできたこと,現時点での自分の関心,将来の進路という3点を熟慮した上で,個人ベースでの論文あるいはビジネスプランを作成してもらいます。合宿(夏季休暇中)を実施する予定。