Go Forward

風間ゼミナール  現代企業の経営戦略

研究内容

 今日,顧客ニーズ,技術,競争環境の不確実性がますます高まる中で,企業の存続と発展のために経営を戦略的に体系的かつ統合的に展開していくことが特に強く求められている。こうした要請に応えるものとして,「戦略経営」はまさに,経営に関する様々な知識を戦略的視点から再結集し,その再統合を目指そうとするものである。とりわけ,今日の企業経営の発展のためには他社との差別化・独自性の実現のための長期的視点からの骨太の強みを構築することが求められている。
当演習室は,経営戦略についての理解を深めるとともに,今後の日本企業の「戦略経営」の推進にあたって極めて重要な課題と認識される組織能力の構築,なかでも「コーポレート・ブランド」の確立の意味と課題を中心に検討する。授業は,毎回,グループごとの,パワーポイントを使ったプレゼンテーションとディスカッションを中心に進める。

ゼミの進め方

≪2年次≫

春学期は,最初に経営学全般にわたる基本的知識を身につけることを目的として、
風間・松田編著 『実践に学ぶ経営学』の個人別発表とグループディスカッションを行う。
秋学期は,本格的な戦略研究に取り組むとともに,グループ研究を行う。
合宿は春期休暇中および夏期休暇中に行う。

≪3年次≫

春学期はゼミとしての統一テーマの下で輪読形式による研究を行うとともに,グループに分かれて実践的課題に取り組む。
秋学期は具体的なテーマを設定してグループ研究を行う。
合宿は春期休暇中および夏期休暇中に行う。

≪4年次≫

春学期は,具体的なテーマを対象としてグループ研究を行う。
秋学期は,各自の問題関心に応じた卒業論文の作成と指導を行う。
合宿は春期休暇中および夏期休暇中に行う。