Go Forward

名越ゼミナール  決算資料やニュースとともに会計理論を学ぶ

研究内容

 演習では,経済ニュースやビジネスを理解するための会計知識やセンスを養うことに力をいれます。その際,文献やニュース記事を読みながら,報告・討論を行い,新しい会計基準やビジネスの動向を学ぶことになります。公認会計士試験・税理士試験の受験者や経理財務の仕事を希望する学生が多いですが,リアリティのある会計の理解を深めていきましょう。
テーマとしては,資金調達の手法,無形固定資産,研究開発とソフトウエア,連結グループの会計,企業買収,金融商品(デリバティブ),排出量取引(環境関連)などを考えていますが,社会で働く際に触れる会計実務という視点を大事にしたいと思います。

ゼミの進め方

≪2年次≫

 比較的平易な文献を読み,企業の事例やニュースに親しみながら,理論的な考え方を身につけることが中心となりますが,文献はゼミ員と話し合って決めています。今年は,平易な文章ながら,難解な金融商品の会計について書かれた文献を読んでいます。章ごとに,担当者を決めて,資料を作成し発表してもらいますが,発表に慣れておくと,3年次の後半から始まる就職活動にも役立ちます。その後教員が解説,質疑応答を行います。また,英語で書かれた日本企業の決算書(米国会計基準適用・IFRS適用)を素材にして,英文会計の解説も行っています。なお,ゼミ合宿は行いません。

≪3年次≫

 2年次と同様にすすめていきますが,文献を引き続き読んでいきます。担当者を決めて発表してもらう形式です。2年次と同様に,ゼミ合宿は行いません。この年の休み中には,インターンシップへの参加を奨励しています。また、4年生による就職活動体験談を聞く会を開催しています。

≪4年次≫

 卒業論文の執筆が中心です。2年次および3年次と同様に,ゼミ合宿は行いません。