Go Forward

所ゼミナール  グローバル化と日本の国際関係・貿易

研究内容

 私たちの生活(生きること),仕事(働くこと)は,グローバルな世界と強くむすびついています。
スーパーには,メキシコ産のアボカド,オーストラリア産のビーフなど,外国産品であふれています。私たちが着ているものの多くは,外国で作られています。
このように,多種の食やファッションを楽しむことができる背景には,なにがあるのでしょうか? 
良好な国際関係と貿易の深まりです。ゆえに私たちの生活は彩り鮮やかになっています。
ところが,です。近年は,公正な貿易(Fair Trade)や持続可能な発展(Sustainable Development)の重要性がいわれています。なぜ,これまでどおりの「普通の」貿易ではダメなのでしょうか? 
当たり前にみえる問題も,多角的にいろいろな立場から考察すると,唯一の「正答」なんてものはなかなか出てきません。
また最近は,国際関係・貿易にかんするさまざまなニュースが,お茶の間をにぎわせています。
トランプ政権が進めている「米国第一主義」の通商政策。イギリスのEUからの離脱。アメリカとほかの国々(日本を含めて)との間でくり広げられる貿易をめぐる摩擦・衝突。etc.
グローバル化する世界,激変する情勢——。たくさんの企業が,ますます海外進出・取引を展開しています。今ほど“多様な貿易”をまなび・考えることが求められているときはありません。
本ゼミでは,できるだけ「新しい視点」に立って,幅ひろい知識(現状分析と実践)をまなびます。

ゼミの進め方

≪2年次≫

春学期はグローバル化にかんする基礎をまなびます。入門書を輪読します。
秋学期はグループ研究をおこない,プレゼンの表現能力を高めます。夏期休暇に合宿を実施します。

≪3年次≫

春学期は海外スタディーツアーのための研究・準備をすすめます(希望制・夏期休暇中に実施。2018年の行先は,台湾です)。 秋学期はグループ研究プロジェクトを実施します。 
☞ プロジェクト内容(2018年度。年度毎に変更):①社会貢献型(フェアトレード・ビジネスとその普及にかんする調査・実践),②課題発見型(高級スーパーや航空会社,総合商社など諸企業への事業提案プレゼン),③グローバル対応型(海外大学の学生との共同研究とその成果の英語プレゼン)。

≪4年次≫

春学期は卒業論文作成に向けて各自,個人研究をすすめます。
秋学期は卒業論文の作成とその中間報告をおこないます。春季休暇に卒業合宿を実施します。