Go Forward

社会連携

【地域連携】大船渡市と連携協力に関する協定を締結しました

2019年05月29日
明治大学 地域連携推進センター

協定締結書にサインした土屋学長と戸田市長協定締結書にサインした土屋学長と戸田市長

列席者の記念撮影列席者の記念撮影

 明治大学と岩手県大船渡市は「連携協力に関する協定」の締結式を5月28日、駿河台キャンパス・矢代操ホールにて実施しました。大学から土屋恵一郎学長、竹本田持副学長(社会連携担当、農学部教授)ら関係者と、大船渡市の戸田公明市長らが出席しました。
 
 大船渡市は、東日本大震災により甚大な被害を受けた地域の一つで、明治大学と2012年4月に「震災復興に関する協定」を締結しました。明治大学はこれまで約7年にわたり大船渡市の復興支援に携わってきました。このたび、新たに「連携協力に関する協定」を締結したことで、震災復興支援だけではなく、地域振興や人材育成などのより幅広い分野における連携を推進し、これまでの関係のさらなる発展を目指していくこととしています。
 
 締結式であいさつに立った戸田市長は「明治大学の学生による中高生対象の学習支援や、地域産業をさらに活性化させていくための取り組みなど、多彩でエネルギッシュな活動により被災者に大きな希望を与えていただいた」と謝辞を述べました。また「東日本大震災から8年余りが経過し、復興の総仕上げとともに地方創生にも取り組む新たなステップに進む中で、このたび明治大学と広範かつ深みのある協定締結に至ったことは市政推進の大きな力になる」と今後の相互協力に期待を込めました。
 それを受けて土屋学長は、これまでの交流や学生の活動受入に対する謝辞とともに、「今後の双方の発展に向けて、ますます協力関係を強めていく」と述べ、協定書を取り交わしました。